ブログにコメントは必要?記事のコメント欄のメリットとデメリット

お知らせを兼ねた記事となるのですが、当ブログりんごときららではコメント欄への投稿を誠に勝手ながら本日よりクローズさせていただきます。今回のエントリーではブログにおけるコメント欄のメリットとデメリットについて考察してみましょう。


ブログにコメントは必要


◯コメント欄のメリット


1.ビジターと直接やりとりができる


これが1番のメリットと言えます。記事に対する純粋なコメント、意見や励ましもありました。ブログ上直接意見がやりとりできるのは、Webでオープンとしているためと言えるでしょう。また、中には厳しい意見もあり、自分で調べなおしたり検証するなどの記事の改善ができたこともメリットと言えます。コメントの中で「役に立った。」とビジターの方から言われるのはとても励みにもなったことは事実です。


△コメント欄のデメリット


1.コメントで管理人のモチベーション低下のリスク


メリットばかりではありません。コメントに関しては私がすべて確認してからブログに載せているのですが、すべてが良いコメントとは限りません。中にも考えさせられるものもあって、自分で抱え込んでストレスになってしまうこともしばしば。こういったメンタルの不健康はブログの記事のクォリティだけでなく、最悪私生活のパフォーマンスにも悪影響を与えるリスクが有ります。これが1番クリティカルな理由でコメント欄をクローズするトリガーとなりました。


2.現在意見のやり取りはSNSが中心の時代


今年より私もようやくTwitterを始めた(@Maxy_Ringo)のでそちらで直接やり取りできるようにしました。Twitterのアカウントもネット上で身分証明になるのでそちらでオープンに意見交換しようよ。というポリシーにしました。


3.記事のクオリティ向上のため


コメントへ対応の時間とエネルギーのリソースを自分のインプットや、ブログのアウトプットに使いたいという思いがあります。これにより多くの高品質なエントリーを提供することが可能となり、今はこれが大切なのかなとここ半年感じておりました。数と品質を揃えるには結構時間も手間もかかります。


あとがき


コメント欄についてはだいぶ悩んでいたのですが、記事へのコメント投稿を不可能のお知らせも兼ね記事としました。ブログの運営は決して楽では無いので、ある程度リソースの振り分けを考えることが必要かなとここ最近は感じておりました。ブログのコメントの有無は賛否両論ですが、メリットとデメリットを天秤にかけると運営について見直す必要があるのかなと思います。