ブログを趣味とするなら個人的データベースを持とう。

今月10月末でWordPressブログ2周年、ブログ自体始めて6年が過ぎます。記事を書いていくとかなりの情報量となるのですが、長期間ブログを書いていく上で必要なのは個人的なデータベースだと思います。必要なときにデータをすぐ取り出せるようにしておいて、頭の中は常に軽くしておくことで思考を加速させることができるからです。それに、「ここに保存しておけば大丈夫!」という安心感を自分に与えることも大きな意味があります。今回はデータベースとして4種類紹介しましょう。

 
1.クラウドのデータベース

 
私はMacやiPhoneのNoteアプリでも良いのですが、私はEvernoteをメインに使っています。ここにはなんでも保存しています。ブログのネタでも、美味しかったお店や、気に入ったカフェのデータ、料理のレシピや写真、休日のプラン、覚えたい英単語などなどもうなんでもありです。Evernoteは検索機能が非常に優秀なので、保存した後に検索してしまえばあとで自分の目的のノートが見つかるはずです。

 
ブログ データベース 2

 
ブログの用途としてはEvernoteにブログの下書きを書いたり、気に入ったウェブサイトを保存したり、 書きたいブログのタイトルを一時的に保存したりと、特に文章に関してはかなり使えるでしょう。Evernoteは長く使うほどデータが蓄積されるので、使えば使うほどその良さに気がつくはずです。テキストのデータと画像に関してはかなり強いデータベースとなるはずです。

 
ブログ データベース 1

 
2.自分のブログ(http://ringo-kirara.com)

 
備忘録としてブログをつけている人も多いかと思いますが、オープン型データベースとしてブログはかなり有効です。著作権も自分のブログなら全く問題ないので、公開してもいい内容であるならばどんどんオープンにすべきです。オープンにすることで、自分の知識が正しいのか間違っているのか、古いのかどうかなどが明らかになるからです。

 
3.自分のTwitterのログ(@Maxy_Ringo)

 
こちらもオープン型データベースですが、文字制限があるため長文を書くのは無理です。ただ、たまに読み返すと以前「こんなこと書いていたのか」とヒントになることも多いです。ただ、私がつぶやいているのはすでにブログで書いて有ることや、記事にならないようなことが多いのであくまでもヒントとしてログを残しています。

 
ブログ データベース 3

 
4.自分の日記、ノートやメモ

 
私はiPhoneアプリDayOne 2で日記を残しています。クローズドな情報なのでかなり有用な情報が多いです。3年以上日記を着けているのでいつどこに行ったかが結構思い出されます。文章を書くのが面倒なので写真を用いることも多いですが、これだけでもかなりの情報を思い出すことができます。

 
また、アナログなデータベースとしてノートやメモも大切です。頭を使う作業だと、パソコンで作業するより手を動かした方が色々と湧いてくるのでアナログのノートも重要なデータベースと言えます。アナログデータも写真を撮ってEvernoteに記録すれば後でどこでも見直すこともできますからね!

 
あとがき

 
ブログもそれなりに大きくなってくると、全ての情報を記憶するのは無理があります。そんなときにデータベースを持っていれば心強いし、困ったときに助けてくれるのがデータとも言えます。iPhoneやiPadといったモバイルデバイスとの相性も抜群ですので、データベースの活用をおすすめします。

よろしければシェアお願いします!