OS X El Capitanのスリープで不具合。Macのトラブルシューティングをご紹介します。

以前の記事で私の愛機であるMacBook Pro Retina Late 2013 15-inchにEl Capitan(OS X 10.11.4)をクリーンインストールしたのですが、特にスリープ周りのトラブルがひどすぎです。例えば、MacBook Proの液晶を閉じてスリープに移行して、30分後に再開しようとするとスリープから復帰できなくて、全く操作できず、強制的に電源を落として起動するトラブルが20回以上続いていました。最悪なときには、スリープからOS Xが起動せずにOS Xユーティリティが起動してしまった時には流石に冷や汗をかきました。。

 
Mavericksの時にも似たような現象があったので以前の記事と検索したトラブルシューティングを色々と試してみましたので、備忘録として色々と書いてみましょう。なお私はApple Careが残っているので、近日ジーニアスバーで診断に行ってくる予定です。まさかMacBook Proで2回も行くことになるなんて。

 
OS X 10 11 スリープトラブル 
・通信によって、スリープから自動的に起動してしまう設定を回避する

 
Wi-FiやBluetoothの通信によって、勝手にスリープから起動してしまう設定はデフォルトで設定されているのでオフにしましょう。詳細は過去の記事で参照できます。

 
参考記事:Macがスリープ中勝手に再起動するので設定を見なおしてみました.

 
・セーフモードを試してみる

 
Macの電源を一度電源を落とします。Shiftキーを押しながら電源キーを押すとセーフモードで起動できます。これでMacのキャッシュ等をリセットし、不具合が解消されることがあります。

 
参考記事:Mac の起動を完了できない場合にセーフモードを試す

 
・SMCリセットを行う

 
Macの電源を落としたあとに、Shift+Control+Optionキーを押しながら電源キーを押して起動します。これでSMCリセットが実行され、ハードウェアのトラブルを解消できる場合があります。

 
参考記事:Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする

 
・PRAMリセットを行う

 
PRAMリセットにてハードウェアのNVRAMに残ったデータを一度リセットすることで、不具合が解消されることがあります。PRAMリセットは、Macの電源を一度電源を落とし、P+R+Command+optionを押しながら電源キーを押します。この時、「ジャーン!」という起動音が2回なるまですべてのキーを押し続けます。私はOS Xが起動しなくなってしまった時にこの方法でなんとか復帰させることができました。

 
参考記事:Mac の NVRAM をリセットする方法

 
あとがき

 
El Capitanはちゃんと動作しているときは、Mavericksよりも動作が軽くてさくさくだし、デスクトップOSとしてはかなりの完成度でとっても気に入っているのですが、肝心の安定性がかなり不安です。。ジーニアスバーは予約したので、近日2度目のMacBook Pro Retinaを入院させてきます。家にはiPad Air 2もあるので軽い作業ならなんとかなるんだけど、やっぱりMacがないと色々と困るのでそろそろサブがほしいところ。

よろしければシェアお願いします!