アップルストアのジーニアスバーにMacを預ける前にやっておくこと

本日私の愛機、MacBook Pro Retina Late 2013を銀座のアップルストアのジーニアスバーに預けてきました。今回はMacをアップルストアに預ける前にやっておくべきことを書いてみます。


今回のMacの症状は今日の前の記事にも書きましたが、スリープ中の再起動問題と、液晶のホワイトスポット問題です。ハードウェアとソフトウェア両方の問題だと思うので、いよいよジーニアスバーに預けることを決めました。


アップルストア銀座店は久しぶりです。多分半年ぶりくらいだと思います。毎度思いますが、神奈川からは結構遠いんですよねー。


image



・Adobe製品を使用する方はAdobeの認証を解除しておく


私はCS6のPhotoshopとIllustratorを使用しているので、これらの認証を解除しておきました。やり方はAdobeのソフトを開き、メニューバーのヘルプ>ライセンス認証の解除をクリックしてください。これにより、Adobe IDのひも付けを解除できます。Macをアップルストアに預けると初期化される場合があるのでやっておきましょう。私の場合、Macが初期化されると伝えられたのでやっておきました。Adobe製品を使用している方は必ずやっておきましょう。


image


・Apple IDに関するiTunesやMac App Store等の認証も余裕があるなら解除


iTunesやMac App StoreでApple IDでログインしている場合認証を解除すると無難です。オンラインでは認証されたままになっていますからね。スタッフとも話しましたが、大量にMacを持っていないのであれば、これはパスしても問題ないです。


・バックアップは絶対とっておく


MacならTime Machineでバックアップ取れますが、大事なデータを引き継ぐために外付けのハードディスクにバックアップを手動でとっておきました。大切なApertureやPhotoshopのデータが消えたらシャレにならないので、この辺りはきちんとやっておきました。


・Google 日本語入力等のIMEのユーザ辞書データも書き出しておく


これは帰りの電車の中で気がついたのですが、IMEのデータもテキストデータとして書き出しておきましょう。私は今回保存するのを忘れてしまいました。仕方ないのでユーザ辞書を一から構築し直します。


・不具合に関する証拠を集めておく。


自然故障であればアップケアを使用して無償にて修理してくれるのが、アップケアの魅力ですが、トラブルの証拠は必ず客観的なものを集めておきます。エラーが発生するならそのスクリーンショットや、写真を提示するのは当たり前です。相手は状況を知らないのだから、この辺りを手配しておくとスムーズに話が終わります。


あとがき


Macをジーニアスバーに預けるときに前もってやっておくべきことを書いてみました。これらは最低限なのでこれらに加えて個々に項目を追加するといいでしょう。アップルストアにMacを持っていくは2回目ですが、相変わらずジーニアスバーのサポートは素晴らしいです。こちらが専門的なことを言ってもきちんと対応してくれます。これは一般の量販店ではなかなかないエクスペリエンスです。1週間ほどの入院となりますが、元気に帰ってきてほしいです。


余談ですが、MacBook Pro Retinaユーザーはアップケアに絶対加入したほうがいいです。今回はディスプレイとロジックボードの交換と診断されましたが、アップケアに加入してたおかげで無償でした。これがアップケアなしだと12万も請求されることになります。MacBook Pro Retinaはパーツが特殊なので、修理の時はそれなりに請求されますからね。


image