iPhoneのカメラでiTunesカードのコードを読み取る方法

コンビニ等で販売しているiTunesカードは,16桁のコードをAppleのアカウントに入力することでアカウントに課金し,アプリや曲の購入を行うことができます.ちょっと前までは手入力で入力していましたが,実はiPhoneのカメラを使ってコードを読み取ることができます.


これによるメリットは,

・手間が省けるし,入力のミスがなくなること

・結構楽しくて癖になりそうなとこ


の2点くらいでしょうか.以下に手順を解説します.

環境

iPhone 6 Plus(iOS8.1.3)


iPhone-iTunes-コード-1



まずはApp Storeを起動します.


iPhone-iTunes-コード-2


画面下にスワイプして“Redeem”をタップします.


iPhone-iTunes-コード-3


パスワードを求められますので,Apple IDのパスワードを入力しましょう.


iPhone-iTunes-コード-4


ここで「カメラを使用する」とあるので,ここをタップします.


iPhone-iTunes-コード-5


iTunesカードの上部にあるコードにカメラのフォーカスを合わせます.iPhoneのカメラはかなり優秀なので,読み込みは一瞬です.


iPhone-iTunes-コード-6


Apple IDに金額が入金されました.手順は以上となります.


iPhone-iTunes-コード-7


あとがき


この方法は去年からやっていますが,とっても便利です.コードを入力する手間が省けたのは楽です.この辺りの細かい便利さがiPhoneとiOSの便利なところといえますね.まだ試したことのない方は是非一度お試しあれ.

SNSにシェア

フォローする