【iOS10 on iPhone at a glance】iOS10でiPhoneの何が変わったか紹介します。

私の愛用しているiPhone 6s PlusとiPad Air 2をiTunes経由にてiOS10にアップデートしました。iOS10ではロック画面のウィジェット機能、ミュージックアプリの刷新など数多くの変化がありますが、実際にどんな風に変わったかイメージしにくい人もいるかと思いますので、今回は私のiPhone 6s Plusの画像でどのように変化したか書いてみましょう。なお、Appleが推していたiMessageは都合により今回オミットします。

 
環境:iPhone 6s Plus(iOS 10.01)

 
1.ロック画面の刷新

 
ロック画面では、今までせいぜい通知センターやコントロールセンター、カメラのアクセスなど簡単な操作しかできませんでした。iOS10からカメラはロック画面で右画面にスワイプするだけで起動できます。これで画面右下から上方向にスワイプする煩わしい操作をする必要がなくなり、カメラの起動が楽になりました。

 
IOS10 on iPhone at a glance 1

 
ロック画面で左画面にスワイプすると、ウィジェットとして様々なアプリにアクセスすることができます。EvernoteやFastEverにもすぐにアクセスできるため、Evernote使いにはとてもうれしい。

 
IOS10 on iPhone at a glance 2

 
もちろん下方向にスクロールすると、ウィジェットを編集できますのでお好みの表示にしてあげましょう。

 
IOS10 on iPhone at a glance 3

 
2.通知センターのUI刷新

 
通知センターはiOS9と同様2画面となっています。右側に通知一覧が表示されることを除き、ロック画面のウィジェットと同様のUIと同等と考えていいでしょう。

 
IOS10 on iPhone at a glance 4

 
3.コントロールセンターの刷新

 
コントロールセンターが全く新しくなりました。2画面となりWi-FiやBluetooth、タイマーなどの従来のコントロールセンターの画面と、ミュージックアプリ側を完全に分けています。従来のコントロールセンターとして、飛行機モード、Wi-Fi、Bluetooth、おやすみモード、画面ロックでそれぞれ色分けられています。これで視覚的にとても視認しやすくなりました。

 
IOS10 on iPhone at a glance 5

 
ミュージック側ではミュージックアプリの起動、音量の調整、シークバーによる早送り/巻き戻し、スキップなどのほとんどの操作が行えます。もちろんタップすればミュージックアプリが起動するので、ミュージックアプリのランチャーとして使えます。これでミュージックアプリをフォルダにようやく収納できるようになりました。

 
IOS10 on iPhone at a glance 6

 
4.標準アプリの削除

 
ほとんどのApple純正アプリを削除できるようになりました。「株価」や「電卓」、「音楽アプリ」でさえ削除できます。これでますます自分好みのiPhoneにカスタムできそうですね。削除方法は従来と同様、アイコンを長押ししてアイコンがぷるぷる震えだしたら、バッテンマークをタップします。

 
IOS10 on iPhone at a glance 7

 
ちなみに削除したアプリはApp Storeから再ダウンロードできますのでご安心を。

 
IOS10 on iPhone at a glance 8

 
5.ミュージックアプリの刷新

 
ミュージックアプリが全く新しいUIに。概ね操作性はiOS9と同等ですが、iTunesに楽曲歌詞が表示できるものとできないものがあって?となっています。ミュージックアプリに関しては色々と意見がTwitter等でも挙げられており、レート機能がなくなったりなど色々と賛否両論の模様。私としてはLibraryの文字がデカすぎ太すぎAppleのフォントの美しさがスポイルされている気がします。使いやすさとジャケットの解像度は上がったものの、色々と書きたいことはあるので詳細は別記事にしましょう。

 
IOS10 on iPhone at a glance 9

 
6.写真アプリにメモリアルが登場

 
写真アプリに“メモリアル”という表示が登場しました。自動的にアルバムを作ってくれるので、iPhoneで写真をたくさん撮る人にはとても楽しいはずです。写真も1000枚以上撮影していると結構管理が大変だから、過去の写真を自動的に掘り起こしてくれるのはGood!

 
IOS10 on iPhone at a glance 10

 
7.iPhone 6s PlusではiOS9と同等の処理速度

 
iOS9から10にアップグレードして動作が重くなることを覚悟していたのですが、iPhone 6s Plusでも動作はサクサク快適です。正直iOS9とほとんど体感の処理速度は変わっていませんね。iPhone 7がどれだけ快適なんだろうかと気になります。

 
あとがき

 
iOS9から10に変更して数日間色々で使いました。iPhone 6s Plusでの動作はとても快適であり、動作の引っかかりもなくアプリもサクサク動作する。操作性としては痒いところに手が届くようになったから、これは期待していた以上の完成度だと私は思います。ウィジェットが便利すぎるので、EvernoteやOmniFocusなどのアプリを多用する人にはかなりの良アプデかと思います。

 
唯一残念なのがミュージックアプリ。基本的にiTunesで音楽を同期して聞いているのですが、フォンドが野暮ったくなったり、レート機能が削られたり、シャッフルやリピートがやりにくいです。おそらくこれはAppleがわざとこういう設計にしているのかと思います。要望が多ければ後ほどアップデートで追加するということなのでしょう。これは今後に期待することとしましょう。

よろしければシェアお願いします!