iOS10は9月14日にリリース。iPhone 4sは非対応。

iOS10は9月14日にリリースされます。サポートはiPhone 5以降が対象、iPadシリーズはiPad miniはiPad mini 2以降、iPadは第4世代とiPad Air以降、iPad Proシリーズ全て、iPod Touch第6世代となります。画像はhttp://www.apple.com/jp/ios/ios-10/より引用。

 
IOS10 サポート

 
OS10ではメッセージアプリの刷新、ホーム画面の刷新に加えて、Apple Watch Watch OS 3への対応、AirPodsの対応が追加されます。iPhone 7/7 Plusは標準でiOS10が装備されています。

 
iPhone 4sはデュアルコアのA5チップとRAM 512MBを搭載したiPhoneで、8Mピクセルのカメラと1080/30pのムービーが撮影できるモデルでした。当時としてはハイスペックなモデルで、3.5インチという液晶のサイズは今でも愛用している人がいるとかいないとか。

 
iPhone 4sは2011年に発売され、国内でau(KDDI)が取り扱いを始めた思い出深いデバイスでCDMA2000(1x EVDO)に対応して、KDDIからiPhoneが出るんじゃないか?と期待していた時期でした。当時720pのHDビデオが撮影できる世界初の携帯auのガラケー(HITACHI Mobile Hi-VIsion CAM WOOO)を使っていて、KDDIから発売されると聞いてすぐに機種変更したものです。

 
とは言え、さすがに5年前のデバイスなのでサポート外は仕方ないでしょう。iOS 9まで今までサポートしていたのがすごいと思います。Appleとしてはなるべく最新機種を使って欲しいですからね。

よろしければシェアお願いします!