iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違い.

iPadのモデルにはWi-Fiモデルとセルラーモデルがあり,どちらを購入するか迷ってらっしゃる方もいますので今回はWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いを記述したいと思います.今回紹介するモデルは私のiPad Air 2 with Cellularです.


iPad-Cellular-1


大きな違いはWi-Fiモデルは無線LAN(Wi-Fi,802.11a/b/g/n/ac)のみをネットワークとして使用できるのに対して,セルラーモデルは無線LAN(Wi-Fi)に加えて,LTEやW-CDMA,GSM,CDMA2000等の携帯電話のネットワークを利用して通信できるモデルです.つまり携帯の電波が届けばどこでもネットワークが使用できるとても便利なモデルです.Wi-Fiとのデザインとの違いとしては,背面上部がアンテナのために樹脂等で加工されています.アルミニウムのままでは電波を反射してしまいますからね.


今回はWi-Fiモデルとセルラーモデルのメリットとデメリットを交えながらどちらを選べばいいか書いてみましょう.

ご紹介するモデル

・iPad Air 2 with Cellular (128GB)



・セルラーモデルは4Gのネットワークが使用できる.


セルラーモデルの最大のメリットは前述通り,携帯電話のネットワークを使用できますのでどこでもネットが出来ます.この記事を書いたとき私はKDDI(au)のネットワークを利用しています.左上のステータスバーに“au 4G”と表示されています.(厳密に言うと4Gではなく3.9Gですが,ここでは4Gとしています.)2016年8月現在はOCNを使用しており、docomo LTEと表示されキャリアによって4GとなるかLTEと表示されるか異なるようです。LTEも厳密には3.9Gなのですが、4Gと同等とみていいでしょう。


iPad-Cellular-2


iPhoneと同様に,携帯のネットワークで通信を行うかどうかさらに4Gを利用するかどうか設定で変更できます.


iPad-Cellular-3


・もちろんセルラーモデルはテザリングが可能です.


テザリングとは携帯電話のネットワークをiPadが受信して,Wi-Fiのネットワークとして他のデバイスでネットワークを利用することができます.要するにセルラーモデルはWi-Fiルーターとしても使用できるわけです.


iPad-Cellular-4


・セルラーモデルのみGPSが内蔵されています.


Wi-Fiモデルともう一つ大きな違いは,セルラーモデルはGPSが内蔵されていますのでマップ等の位置情報を利用するアプリで大いに役に立ちます.外出先でGoogle Maps等のアプリを多用される方は現在地の測位が早くなって便利です.


iPad-Cellular-5


・セルラーモデルはWi-Fiモデルと比較して10000円以上高い.


さて,ここまで来てセルラーモデルのメリットばかり述べてきましたが,Apple Online StoreのiPad Air 2のページでは2015年1月3日現在,14000円(税別)高く設定されています.


iPad-Cellular-6


・Wi-Fiモデルとセルラーモデルの料金の違い.


家でWi-Fiネットワークが用意されており自宅での使用がメインで持ち歩かない方,もしくはすでにモバイルルータを持っている方はリーズナブルなWi-Fiモデルでいいと思います.多くの人に聞くとiPadはそのサイズから持ち歩かない人が多いそうです.また,Wi-Fiモデルは通信費がかからないのも魅力的ですね.


セルラーモデルは私のように出かけるたびに持ち歩く方,GPSを頻繁に利用する方,フラッグシップモデルが欲しい方,モバイルルータとiPadの2台を持ち歩くのが面倒な方向けです.もちろんですが,セルラーネットワークを利用するには通信事業者と契約が必要であり,月額料が発生します.前述のとおり私はKDDIのネットワークを利用しており,iPad AirのSIMを使用しています.(iPad Air 2 with Cellularにau版iPad AirのSIMカードを使っても料金と通信に問題無し.)Apple Storeから購入するとSIMフリーなのでMVNO等の格安SIMを選択することももちろんできます。


セルラーモデルは各キャリアショップかApple Online Storeで購入可能です.キャリアショップは2015年1月現在SIMロック版のみの販売であり,基本的にキャリアで契約したSIMしか使えません.一方Apple Online StoreはSIMフリー版の販売であり,様々な通信業者のSIMが利用可能です.そのためSIMフリーをApple Online Storeで購入し,月額1000-2000円前後のMVNOを利用するのが賢く安く使える方法かなと思います.MVNOに関しては今年利用予定なのでそのころ別に記事を立ち上げることとしましょう.


まとめ


Wi-Fi版の特徴:本体価格がセルラー版より安い.ネットワークはWi-Fiのみ.月額料がかからない.

セルラー版の特徴:本体価格がWi-Fi版より高い.携帯の電波が届けばどこでもネットワークを利用できる.GPSが利用できる.月額料がかかる場合がある.


個人的にはセルラー版をおすすめしたいです.どこでもネットワークがiPhone感覚でサクッと利用できるのが便利すぎます.iPhoneのテザリングでiPadのネットを繋ぐという手もありますが,iPhoneのバッテリーも消費されるし何より手軽さが減ってしまうことが大きいかなと思います.MVNOなら月額2000円くらいで収まるし私はiPhoneよりiPadが好きなので今後も私はセルラーモデルを選択すると思います.