アップルストア渋谷店でiPhone 7/7 Plusを操作してきたので感想を書きます。

遅くなりましたが、9/16発売となったiPhone 7/7 Plusをアップルストア渋谷店で 色々と操作してきましたので、今回はカラーは置いておいて実際にハンズオンした感想を書きます。基本的に私のiPhone 6s Plusとの比較となります。

 
◯重さや外観は6s/6s Plusとほぼ同じ

 
サイズの比較に関してはiPhone 7 Plusを中心に操作してみました。持った感じは6s Plusとほぼ同じで、5.5インチのディスプレイは慣れると片手で持てます。私の手の大きさは成人男性の平均くらいかと思いますが、片手で操作に特に問題ありません。女性の方も両手で持つことを考慮すればPlusでも問題なのかなと思います。背面のDラインと呼ばれていた白い線も外側の縁に沿ったCラインとなり、背面はとてもスッキリとしたデザインになりました。

 
ケース無しで持ったときのアルミニウムのしっとり感はiPhone独特の高級感がありますね。今回手に取ったのはローズゴールドなのですが、とても美しいピンクのゴールドでいい感じです。

 
IPhone7 インプレッション 1

 
◯ホームボタン:独特な押し心地

 
ホームボタンに従来のハードスイッチから、圧力センサーに変更になりました。「カチ・カチ」というクリック音はせず、「押した感覚」が少なく「スッ」という押し心地なので確かに最初は違和感があるのですが、慣れると軽い力でクリックできるのでむしろ長時間の使用による疲労度を考えると、新しい方が私は画期的で好きですね。もちろん設定アプリのアクセシビリティ>ホームボタンでクリック感の強さは設定できます。これは使っていくうちに慣れるはずだから問題ないかと。

 
◯Plusモデルのみ光学ズーム搭載

 
12Mピクセルと解像度は6s/6s Plusに変わりないのですが、f値が1.8Mになり、Plusモデルのみデュアルになったカメラは光学ズームを搭載しています。光学ズームのメリットはデジタルズームと違い、画質をそのままに倍率を向上させることができます。つまり、従来のiPhoneのデジタルズームは画像を引っ張ってきただけの画像なのですが、光学ズーム搭載で2倍までは画質を落とさずに遠くの被写体を撮影できるのです。

 
光学ズームは、例えばこういった風景(場所:江ノ島)を撮影するとき、少し遠くの被写体(この場合橋とか)にスポットを当てたいときなんかにもとても便利です。

 
IPhone7 インプレッション 2

 
光学ズームが2倍になるだけで、撮影できる幅は結構広がるはずだから、カメラ主体でiPhoneの購入を考えているならiPhone 7 Plusで良いと思います。

 
◯A10チップによる圧倒的な処理速度

 
私はA9チップを搭載したiPhone 6s Plusを1年間毎日使ってきました。正直これより動作が速くなるのかなと思うくらいサクサクで、iOS10にアップデートしても満足して使っています。しかし、A10チップの速度はそれを確実に超えていました。自分がイメージしているより速くアプリケーションが起動することもしばしば。何より操作していて処理能力の面ではもはやストレスが無い。1年でここまで進化するの!?と店舗で目を丸くしてしまいました。

 
これはハードとソフトを同時開発できる、Appleの強みが顕著に出てきているかと思います。2年前の端末であるiPhone 6(A8)シリーズからの乗り換えの人は、ホームスクリーンのサクサクさだけでも十分感動できると思います。iPhone 6/6 Plusの方は2年くらい立つと思うので、ちょうど買い替えの時期として良いと思いますね。

 
あとがき

 
iPhone史上初の防水にも関わらず前モデルのiPhone 6s /6s Plusと比較してサイズと重量はほぼ同じ。それでも着実に進化していますね。iPhone 7/ 7 Plusどちらとも操作しましたが、実際に手に取ると欲しくなる魅力があります。6sシリーズのときも発売したときは感動したのですが、7シリーズはさらにそれを上回る完成度で驚きました。店頭で是非お試しください。次の記事では、Apple Watch Series 2を操作したので、ハンズオン記事を書きたいと思います。

よろしければシェアお願いします!