Apple iPhone 7/7 Plusを発表。iPhone 6/6sとスペックを比較してみた。

2016年9月8日午前2時からのAppleのKeynoteで、新型のiPhone 7/7 Plusが発表されました。というわけでまずはiPhone 6/6sシリーズとiPhone 7/7 Plusとを私が気になった点を比較してみましょう。


スペック表は下記になります。(詳細が分かり次第画像は差し替えます。)


iphone-7-7plus%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8


☆iPhone 7はデザインは6シリーズをそのまま踏襲し薄型化。5カラーになりました。


カラーは新色のジェットブラックを追加して5色となりました。さらなる薄型のiPhoneを実現するため/防水性の向上のために、3.5mmイヤフォンジャックが廃止されました。これには私は大賛成です。Lightningコネクタでこれまでのイヤフォンは使用できるし、Bluetoothイヤフォンが手軽に購入できるようになった昨今、イヤフォンジャックはもうレガシーな端子だと思っています。Lightning-イヤフォンジャックコネクタで従来のイヤフォンも使えますし、Lightning端子のイヤフォンも登場します。


☆ストレージは32・128・256GBへ増量。


iPhone 6/6sシリーズは16/64/128GBというやや極端なストレージ容量でしたが、最低容量が32GBに引きげられ相対的なお得なラインナップとなりました。最大256GBも選択できるので4Kカメラでムービーを撮影しまくっても余裕でしょう。


iphone-7-storage


☆防水機能がつきました。水辺でも安心。


iPhoneで防水防塵!IP67クラスの防水防塵機能が、ついにiPhoneに装備されました。iPhone史上初の防水機能であり、これにより水に落としても故障することはなさそうです。今まで防水が無いから敬遠していたユーザーはいかがでしょうか。特に日本のように高温多湿の環境では、湿気で故障することもありえますし。


☆f値1.8 12MPのカメラ


f値1.8のレンズ搭載で暗い場所に強い写真が撮れるようになりました。加えてRAW写真が撮れるようになっています。(iOS10の特徴。)FaceTime HDカメラは7MPにパワーアップ。バックカメラの解像度は12Mと据え置きですが、iPhone 7 Plusは12Mのデュアルカメラになり、光学ズーム2倍に対応しました。7 Plusはのちのちソフトウェアアップデートでさらにカメラの機能がアップデートされるそうです。


☆ステレオスピーカー搭載


iPhone史上初のステレオスピーカーとなり、音質の向上と音場の安定につながります。iPhoneの音楽やApple Musicを高音質で聞きたいユーザー、動画をよく見るユーザーにはステレオスピーカーはかなりアドバンテージとなりそう。


☆クアッド(4コア) A10チップ搭載

A10チップはパフォーマンスコアx2と低消費電力コアx2のクアッドコアに。CPUパフォーマンスはA9より40%速く、A8より2倍速くなりました。AppleとしてはiPhoneのバッテリーライフを大切にしますから、パフォーマンスを伸ばす、パフォーマンスコアは重い作業。メールやメッセージ処理は低消費電力コアの仕事となりそうですね。


☆バッテリー


iPhone史上最もバッテリーもちが良いです。iPhone 7はiPhone 6sより2時間バッテリーが持ち、iPhone 7 PlusはiPhone 6s Plusより1時間バッテリー持ちが良いとのこと。おそらくA10チップの消費電力低下のおかげかと思います。


☆FeliCa搭載


日本ユーザー歓喜のFeliCaがiPhoneに搭載され、iPhoneでモバイルSuicaが利用できるようになりました。モバイルSuicaは10月から使えるようになります。ますますiPhoneが便利になりますね。


あとがき


日本時間2016年9/8午前2時からのAppleのKeynote。お疲れ様でした。Apple Watch Series 2とiPhone 7シリーズの発表がメインでしたが、中でもiPhone 7の解説には特に力を入れていましたね。1時間近くiPhoneのプレゼンがあり、ますますiPhoneは進化していると言えるでしょう。


今回の目玉は、私としてはカメラ・FeliCa・防水防塵だと思っています。今までユーザーが欲しかった機能が一気にiPhone 7から搭載されたことは、特に日本のユーザーには大きなアドバンテージだと思いますね。個人的にはデュアルカメラがとっても気になるので実際にハンズ・オンしてみたいですね。