iPhoneのゲームをやめてわかった3つのメリット

私はiPhoneで某人気のスマートフォン向けのゲームを2年ほどプレイしていましたが、様々な理由が重なってしまい、スパッと辞めて1ヶ月が経ちました。確かにそれなりに楽しめたのは事実だったのですが、辞めたらメリットが多かったので記事にしてみましょう。


IPhone game quit advantage


1.目が疲れなくなった


私は近視で普段はコンタクトレンズを装着して補正しています。ゲーム中はまばたきも減るから目の乾燥に悩まされることもありました。目の疲労がなんとなく溜まっている状態が続いていたのですが、辞めて2週間くらいで明らかに目の疲れが以前より無くなったことは大きいです。


2.時間を取られなくなった


私は現在ブログと釣りを趣味としているのですが、メインの趣味に多くの時間を回せるようになりました。他にも溜まった本を消化したり、英語学習したりと時間に余裕のある生活を楽しめています。言い換えれば自己投資にリソースを回せるということだと思います。単純に1日1時間プレイしたら1年で365時間です。凄い時間でしょ?


3.精神的疲労が減った


スマートフォンゲームだとゲーム内に「イベント」が定期的にあり、それに時間的にも精神的にも気がとられてしまい、なんとなく「プレイしなきゃ。。」という義務感を感じてしまいます。ゲームなので「適度に」遊ぶのが正しいのですが、私は「やるならある程度きっちりとやってしまう」性格なので、どうしてもプレイ時間が長くなってしまう悪循環が生まれてしまいました。


それに加えて、ある程度ゲームをプレイするとデータがどんどん蓄積するから、なんとなくもったいない気がして辞めるに辞めれなくなる現象も生じてしまいます。これはもう思い切って辞めてしまえば自然と解消されていくはずです。


あとがき


娯楽手段としてスマートフォンのゲームはストレス解消にもなるし、市場もとても大きい事実は否定はしません。本エントリーでは厳しい意見となってしまいますが、私の本音としては私のように趣味が多い人には勧められない娯楽と言えるでしょう。