私のiPhone 6s PlusのA9チップはTSMC製でした.

最近何かと話題になっている,新型iPhone6s/6s Plusに搭載されているA9チップがSamsung製か,TSMC製かという問題.私も気になったので調べることにしました.特定のアプリケーションをインストールすることで調べられるようですが,たまたま私にインストールしてあった“SystemStatus”というアプリでも調べられましたので,調べてみました.


Apple-A9-TSMC製-systemstatus



“SystemStatus”というアプリはメモリ解放や,CPUの使用状況等が調べられる設定アプリの延長的な意味として使用しています.有料ですが,ちゃんとiOS9にも対応しているし,メモリ解放もできるから結構便利です.


起動して,「Details(詳細)」をタップしてみると,DEVICE INFORMATIONに“N66mAP”と記載されていました.ラッキーなのかどうかはわかりませんが,私のiPhone 6s PlusはTSMC製の模様です.iPhone 6s Plusだと,SamsungA9チップは“N66AP”と表示されるらしいです.ちなみにiPhone 6sだと,Samsung製は“N71AP”,TSMC製は“N71mAP”のようです.参考記事:iPhone6s・6s+の「A9」が「サムスン版」か「TSMC版」か安全に調べる方法


Apple-A9-TSMC製


どうやらAppleはiPhoneの心臓部であるA9チップはSamsungとTSMCが製造しているようで,プロセスルールはSamsung製が14nm,TSMC製が16nmのようです.基本的にプロセスルールは小さいほうがより回路を微細化できるため優秀とされています.


ネットで色々と調べてみるとTSMC製のほうがバッテリーの持ちが良いとの情報もちらほら.購入時にプロセッサーの製造メーカーは選べませんので,現状どちらになるかは購入した後しかわかりません.ベンチマークでは大きなパフォーマンスの違いはないようですが.決して安い買い物ではないので購入者が気になるのもわかります.ただ,iPhoneの販売数を考えると,リスクも考えてプロセッサーのサプライヤーもわけなければいけませんから,これは仕方ないことかもしれませんね..