【保存版】ジーンズのジャストサイズの選びかた

僕はプライベートでは絶対というほどジーンズ(デニム)を履きます。と言うか、プライベート用のボトムスはジーンズしかありません。写真はリーバイスプレミアムPR510という型式。カラーはワンウォッシュで生地はブロークンデニムを採用しており、12.5ozと軽めの生地なので履きやすくて、アーキュエイトステッチにオレンジとイエローの2色のステッチを使っているなどディテールも凝っていてお気に入りの一本です。


ジーンズ サイジング


今回の記事ではジーンの正しいサイズについて書きたいと思います。この記事で書くのはキツキツでもダボダボでもないジャストサイズで履くことを狙っています。僕はキツキツもダボダボのサイズも買ったことがありますが、はっきり言ってサイズの合っていないジーンズはダメです。


サイズの合っていないジーンズはとにかく動きにくいし、シルエットも良くないからジーンズを履くのが嫌になってしまうこともありえます。さて、ジーンズのサイジングポイントはウェスト、太もも、裾の長さとなっており、この3点を守っていれば大きく外れることはないはずです。あとはディテールやカラー、生地の種類などの個人の好みになってきますからね。ディテールについてはまた別の生地にてまとめることとしましょう。なお、当エントリーでは綿(コットン)100%の素材のジーンズを前提としており、今回はブーツカット等のシルエットの話は割愛しています。


①ウェスト


ウェストはぴったりか、ほんのすこしきつめが良いでしょう。これには理由があり、コットン100%のジーンズは履くとわずかに伸びてサイズが変わるためです。そのため、ジャストサイズで履くとちょうど良い感じになります。ウェストがぶかぶかだと、伸びてすぐに下がってしまい、正直格好悪いですし落ち着きません。まずは試着してウェストがちょうどいいものを選択しましょう。なお、自分で測ったウェストサイズと、メーカーのウェストサイズは一致しないことがあります。いつも30-inchだから今回も30-inchでOKという選び方も間違いではありませんが、シルエットによってウェストの負荷が変わる場合があるため、必ず試着してチェックしてください。


②太もも


次に太ももですが、これが意外と大切な部分です。下手するとウェストよりも大切なので要注意。太ももはジーンズを履いて立ち上がった状態で、最低でもジーンズをつまんで少し持ち上がるくらいの余裕をもたせた方が良いでしょう。つまめないほどのぴったりに履くスキニー タイプもありますが、僕のように足が太いと体のラインが思いっきり出てしまい正直恥ずかしいです。逆にジーンズの太ももが太すぎると、ダボダボとしすぎて相対的に足が短く見えてしまいます。


だからリーバイスには502,505(ストレート)503(太めのストレート)606(スキニー)など、履くユーザーに合わせて様々な太さがラインナップされているのです。


③裾の長さ


続いて裾の長さですが、これは普段履く靴と必ず合わせてください。靴と合わせてちょうど良い長さで裾上げをすることを推奨します。例を挙げると、革靴、スニーカー、ブーツそしてサンダルだとかなり裾が靴に触れる面積が異なりますので、いつも履く靴を履いた状態で引きずらない程度の長さにカットすることを推奨します。また、古着やお下がりでもらったジーンズは必ず洗濯した直後に試着して裾上げをすることを推奨します。これは洗濯することで生地の長さを縮ませてジーンズの裾の長さを元に戻すためです。


裾は長すぎると、地面と擦れてすぐにボロボロになってみっともないですし、短すぎるとどんなに加工が素晴らしいジーンズでも格好悪くなってしまいます。


あとがき


サイジングは極めて大切なので、必ず試着して購入しましょう。ディテールも、生地が気に入ったとしてもサイズが合っていなければ格好悪いですからね。ジーンズのサイズはショップに行くと沢山あって、どれを買えば良いのか?と迷うユーザーも少なくないはず。ジーンズは定価も安くないですし、失敗したくないものですので、新しいジーンズをお探しの方、これから初めてジーンズを買おうとしている方のご参考になれば幸いです。もちろん定員さんにアドバイスをもらうのも良いのですが、古着屋で購入する際には自分で選ぶ必要がありますからね。