MacBook early 2016をサブのMacとして注文した5つの理由

私はMacBook Pro Retina 15-inch Late2013をメインとして使用しており、2ヶ月くらいサブのMacどうしようかと悩み続けていたのですが、悩みに悩んだ末にMacBook early 2016オーダーしました。今回の記事では私がサブのMacとして、MacBook early 2016をオーダーした理由を書いてみましょう。画像はApple-MacBookより引用しています。

 
Screen Shot 2016 07 08 at 00 20 51

 
1.MacBook第2世代は外出先で利用できる十二分なスペック

 
仕様はCore m3 1.1GHz/SSD256GBのモデルをCTOにてCPUをCore m7 1.3GHzにアップグレードしたモデルです。メモリは標準でLPDDR3 8GBとSSD256GBを搭載。キーボードはJISモデルを選択しました。3年以上快適に使いたかったので、CPUをアップグレード。これは地味に大きいので重要です。これだけスペックがあれば私の外出先での用途には問題ないかと思います。

 
JISキーボードを選択したのは、私がかな入力派なのと、仕事のWindowsと家で使うMacのキーボードの使用感を一致させたかったためです。会社で設備や装置のUSキーボードをたまに使うのですが、タイピングミスが多くて結局使い慣れたJISキーボードが今のところ無難のようです。

 
Screen Shot 2016 07 08 at 00 16 36

 
2.Macで最軽量の920グラムという軽さ

 
MacBookは1キロを切る920グラムというとてつもない軽さとなっています。私のMacBook Pro 15インチの半分以下の軽さなので、持ち運ぶときに荷物の重さが一キロ減るのはとても大きな利点と言えるでしょう。持ち運びが楽になると必然的に持ち運ぶ機会が増えるので、どこでもMacを持って行きたいと考えています。これがとても大きな理由ですね。

 
Screen Shot 2016 07 08 at 00 36 42

 
3.12インチRetinaディスプレイの搭載。

 
ポータブルMacとしてはコストパフォーマンスにおいてMacBook Airがとても人気ですが、MacBookは12インチの解像度2304×1440のRetinaディスプレイを搭載しています。やはりRetinaディスプレイに慣れてしまうと、もう普通のディスプレイに戻れなくなるほど画面が綺麗ですね。

 
4.USB-C搭載。新しいI/Oを試したかった。

 
MacBookの最大の特徴の1つが、USB-CしかI/Oが無いところ。USB-Cによって充電、通信、映像出力などなどすべてが1つのポートでできるのが特徴です。サードパーティ製のアクセサリーも数多く出ていますので、今後ますます使用されるI/Oだと思います。I/Oとしてはかなり新しいテクノロジーなので、ぜひ試してみたかったという意味があります。

 
5.ファンレス設計。理想的で挑戦的な設計。

 
MacBook Retinaシリーズは、ファンなしのファンレス仕様となっています。これはノートとしても珍しいです。これによるメリットは、ファンがないため軽量化が実現できる点とファンにホコリ等が詰まるリスクがないためメンテナンスがとても楽になるということです。

 
もちろんファンレスは冷却性が下がるので、CPUクロック数の低下等によるパフォーマンスの低下は避けられないですが、外出先での軽い用途に特化すれば全く問題ないかと。ファンをなしにするとは余分なものをバッサリと切るAppleらしい設計で気に入りました。

 
あとがき

 
サブのMacは前々から欲しいと思っていまして、今年ついにオーダーしてしまいました。余談ですが、私はApple製品をすべてシルバーで統一しているので、カラーはシルバーを選択しました。他にもゴールドや、スペースグレー、ローズゴールドが選択できるのは大きな特徴と言えます。

 
今まで外出先ではiPad Air 2を持ち運んで作業していましたが、やはりデスクトップOSのほうが圧倒的に汎用性が高いと常々感じていました。これで外出先でブログを書いたり作業したりと、もっと色々なMacのスタイルができそうですね。

よろしければシェアお願いします!