MacBook Pro Late 2016 13-inchをハンズオンした感想。

Apple Store銀座店に行ってきまして、先日発表されたMacBook Pro Late 2016 13-inchをハンズ・オンしてきました。残念ながらTouch Barのモデルは操作できなかったので、下位モデルのTouch Bar無しのUSB-C(Thunderbolt 3)x2モデルを操作してきました。銀座店にはJISキーボードモデルとUSキーボードモデルがありました。今回はハンズオンした感想を簡単に書きたいと思います。


◯本当に大きくなったトラックパッド


トラックパッドが大きくなったことはすぐにわかりました。比較にiPod nano第7世代(私物)を置いてみますが、人によっては手のひらサイズにまでサイズが大きく操作性が上がっています。これは良いポイントですね!MacBookシリーズの大きなアドバンテージの1つにマルチタッチ対応のトラックパッドの操作性が挙げられ、BetterTouchTool等のソフトでジェスチャーの個別設定ができるから自分好みにMacを使うことができますからね。


MacBook Pro Late 2016 13 inch 1


◯スマートなUSB-Cポートと薄いボディ


13インチの下位モデルはUSB-Cが2系統装備されています。USB-Cがとてもコンパクトなデザインなので、端子間の距離は短めです。HDMI等の映像端子やUSB-Aと接続するにはアダプターは必須ですので、USB-C対応のデバイスが増えるまではコネクターを繋ぎっぱなしのユーザーが多そうですね。


MacBook Pro Late 2016 13 inch 2


また、上の写真で注目して欲しいのはMacBook Proなのにここまで薄くできたところ。一見するとMacBook Air 13かなと思うほど薄くて軽いです。持ち上げた感覚はまさにMacBook Air 13とほぼ同じでした。これでRetinaディスプレイ搭載なのだから驚きです。


◯復活したMacBook Proの文字と素晴らしい質感


ここは好みが分かれそうなのですが、“MacBook Pro”の文字が液晶の下に復活しています。MacBook ProはRetinaモデルからMid 2012からMid 2015モデルまでは液晶の下に“MacBook Pro”の文字は無く、これはRetinaディスプレイを強調するためと私は考察しているのですが、MacBook Early 2015からは復活しましたし、Apple製品ではRetinaのMacはスタンダードになったので、“MacBook Pro”の文字を復活させたのでは?と思っています。


MacBook Pro Late 2016 13 inch 3


細かいところなのですが、液晶を開け閉めするときの感触がとてもヒンジ部がしっかりとしており、持ち上げたときや触ったときにボディにかなりの剛性感があって気に入っています。高価な品ですし、こういった細かい所も気にするユーザーは多いはずですので、Proモデルとして質感がとても高いのは好印象でした。


あとがき


今回は下位モデルのハンズオンでした。本音を言えばTouch Barを操作して色々とカスタムしてみたかったのですが、発売すればまたハンズオンできる機会は多いでしょうし、またそのときにレポートを書きたいと思います。


今回のMacBook Proはラップトップとしてさらに完成度が上がっており、スペックも最低でメモリ8GB/SSD256GBなのに値段も旧モデルとほぼ据え置きなのは良いですね。これからUSB-Cのアクセサリーは間違いなく増えてくるし、ドッキングステーション等も発売されればIOの問題は解決されると思うのでMacBookシリーズの新規購入をお考えの方は最新モデルを中心に考えられた方が良いかと思います。