iOS 8.4での音楽アプリの便利な使い方まとめ.

先日の記事でiOS 8.4のアップデートについて書かせていただきました.(iOS 8.4がリリース!音楽アプリが大きく変化しました.)iOS 8.4といえばApple Musicに対応したということで話題となりましたが,Apple Musicを使用しないユーザーでもiOS 8.4で音楽アプリがよりスタイリッシュに便利になったので今回はApple Musicではなく,iOS 8.4の音楽アプリの使い方に絞って記事を書いてみましょう.今回はiPhoneのiOS 8.4に絞って紹介します.iPadのiOS 8.4の音楽は別途紹介します.


環境


・iPhone 6 Plus (iOS8.4)


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-1



1.表示をアーティストやアルバムなどの種類ごとに並べる.


画像のようにアーティスト,アルバム,楽曲,種類,作曲者およびコンピレーションの種類で楽曲を絞ることができます.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-2


2.ジャケットをタップして再生開始


ジャケットをタップすると再生がスタートします.再生される曲は先頭の曲からスタートします.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-3


3.「現在再生中」をスタイリッシュに表示


再生中の楽曲を表示する「現在再生中」の画面は,画面下部の楽曲名をタップすることで表示できますが,上方向にスワイプすることでも表示できます.このアクションがなんかかっこいいです(笑).再生している楽曲はChris Bottiのアルバム,When I Fall in Loveより“When I fall In Love”です.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-4


4.シャッフル再生とリピート再生を設定する.


今のところiOS 8.4では「現在再生中」の画面でしかシャッフル再生とリピート再生を設定できません.この画面の下部にあるアイコンをタップするとシャッフル再生とリピート再生を設定できます.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-シャッフル再生とリピート再生


5.「現在再生中」を非表示にする.


今度は逆に「現在再生中」を非表示にしてみます.ジャケットをタップして下方向にスワイプしてください.これで再生中の画面を閉じることができます.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-5


6.次に再生される楽曲を表示する.


MacのiTunesと同様,画像の部分をタップすると,次に再生される予定の楽曲を表示できます.これは地味に便利ですね.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-6


7.さらに,次に再生される予定の楽曲を任意の楽曲に設定する.


「追加」ボタンをタップして,アルバムやプレイリスト等から次に再生したい曲を任意に設定できます.つまり任意の楽曲を予約再生できるわけです.これももともとiTunesでできた操作ですね.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-7


8.音楽の履歴を表示する.


この機能がとにかく便利.「次に再生する楽曲の画面」で下方向にスワイプします.すると今まで聞いてきた音楽の履歴を表示することができます.これは地味に便利ですね!


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-8


9.再生している音楽をシェアする.


気になった楽曲をシェアしたい場合,シェアボタンで楽曲情報を送信することができるようになりました.ポップアップのシェアボタンをタップします.再生している楽曲はClariSのベストアルバム,ClariS ~SINGLE BEST 1st~より「コネクト」です.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-9


すると,シェアに対応したEvernoteやメール等のアプリが表示されます.今回はEvernoteに送ってみました.Evernoteのノートを選択して送信します.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-10


Evernoteに楽曲のリンクとがジャケットが表示されました.このリンクをタップするとiTunes Storeに移動して,そのアーティスト(今回はClariS)のページまで移動してくれます.


iOS 8.4の音楽アプリの使い方-11


あとがき


iOS 8.4における音楽アプリの使い方を書いてみましたが,いかがでしょうか.ますます便利となって,私としてはこのアップデートはかなり気に入っています.特に履歴を表示したり,楽曲をシェアする機能がお気に入り.iPhoneで音楽を聞く機会は少なくないので,Appleが音楽アプリの大幅アップデートしてくれたのはとても嬉しいです.iTunesのライブラリもますます活かせそうです.