Mac版Office 365(Office 2016)をインストールしたのでメニュー画面をチェック!

今年感動したのが、Mac版のOffice 365を導入したときのことです。勉強のために家でもOfficeを使わざるおえなくなり、サブスクリプションタイプのOffice365(Office2016)を導入しました。


Office 365 UI mac

今のOfficeはパッケージ版と、サブスクリプションタイプが選べることが特徴です。サブスクリプションの場合、常に最新版のOffice(Word、Excel、PowerPoint、One Note、Outlook等)が使えることが最大のメリットであり、値段もAmazonだと社会人にとって年額11000円くらいとリーズナブルな契約だったので、購入しました。


導入の理由はいくつかあって、手持ちのMac版Office 2011のUIと互換性がイマイチということ。5年くらい前に導入したMac版Office2011が色々とイマイチで結局ほとんど使わなかったのです。。


Office 2011 for macのダメな点としては、Windows版Office 2010、2013や2016とメニューが違いすぎて、やりたいことを探すのに苦労すること。また、Windows版Office 2013からインポートしたファイルとMac版Office2011と互換性が悪いということ。


今回Office 2016 for Mac(Office 365)から、UIが大幅に改善されたことに今回大きく感動して、今までMac版のOfficeを検討していたユーザーの参考になればと、Office 365 for macの各種アプリのメニュー画面を表示してみました。


今回はOfficeのWord、Excel、PowerPointおよびOutlookのメニューを表示しています。


環境:MacBook Pro Late 2013 15-inch OS X(10.11.6)


-Office 365 for mac Word


Office 365 Word UI mac


-Office 365 for mac Excel


Office 365 Excel UI mac


-Office 365 for mac PowerPoint


Office 365 PowerPoint UI mac


-Office 365 for mac Outlook


Office 365 Outlook UI mac


いかがでしょうか?ほとんど見慣れたWindowsのOfficeのように使えています。ショートカットキーが一部異なりますが、それは慣れでカバーできますからね。


ようやくUIがWindowsとMacで統合されたんですよね。これは作業効率に大きく影響するんですよ。会社のOfficeとやっと操作性が統一されたので、効率が変わったし、やりたいことにすぐアクセスできることは長時間の使用だと特に影響します。


あとがき


Office最新版のExcelとPowerPointが欲しくてOffice 365をインストールしました。せっかく高性能のMacを使っているのに、Officeはないともったいない。サブスクリプションタイプなら、ハードウェアに2台までMacやWindows、iPad問わずにインストールできるのもポイントです。


私はMacBook ProとMacBook両方にインストールしていますが、ハードウェアを変更するときは認証を解除するだけで他のハードウェアにインストールできるので、色々と活用できそうです。