SIMフリーiPhoneを購入するメリット

iPhoneの入手方法はキャリアの〇〇ショップ等のみだけでなく、Apple Storeにて直接購入したり、エクスパンシス等の代理店を使って入手する等々、様々な方法があります。私はiPhone 6 Plusより、Apple Online Storeにて直接購入しています。私が入手しているのは日本国内版SIMフリーiPhoneです。海外版のSIMフリーと異なり国内版はカメラのシャッター音が鳴る仕様となっており、au、docomo、SoftBankのLTEのバンドも問題ありません。

 
今回はSIMフリーiPhoneのメリットをいくつか書いてみましょう。私の2016年3月現在愛用のSIMフリーiPhoneはiPhone 6s Plusです。回線はOCNを利用しています。

 
SIMフリー iPhone メリット

  
1.海外で現地のSIMカードを使える。

 
これがとても1番大きなメリットのはずです。SIMフリーのiPhoneは、海外の現地で購入できるSIMカードをそのまま使えます。もちろん現地キャリアのLTEやW-CDMAのバンドを調べる必要がありますが、携帯を海外でもそのまま使えるのはとても大きなメリットのはずです。海外への移動が多い方はSIMフリーの真価を発揮できます。

 
国内キャリアの契約でも海外で携帯は使えますが料金はかなり高額になってしまうので旅行等の短期滞在では、現地のSIMを入手するのが便利なはずです。

 
2.話題の格安SIMであるMVNO(docomo回線)をストレス無く使える。

 
もうひとつ見逃せないメリット。キャリアの価格改定によって格安SIMが注目されるようになりました。SIMフリーiPhoneではSIMに関係なく回線を利用できるので、キャリアではなく、MVNOと直接契約することで携帯料金を抑えることができます。MVNOの1つであるOCN モバイル ONEはAmazonでパッケージを買えてしまうので実店舗に行くこと無く全てオンラインで24時間いつでも契約を成立できるのも、社会人として忙しい身には助かります。

 
MVNOはmineo等を除き、基本的にdocomoの回線を利用しています。SIMフリーiPhoneはdocomoのLTEバンド(FDD-LTE形式)であるバンド1(2GHz),バンド3(1.7GHz),バンド9(800Hz),バンド28(700Hz)が利用できるので困ることは無いでしょう。

 
3.国内版SIMフリー版なら、キャリアのSIMカードが契約の変更なくそのまま使える。

 
私は以前auのiPhone 5sを契約しており、そのままSIMフリーのiPhoneに乗り換えましたがノントラブルでauのLTEとCDMA形式の通信も利用できました。その後W-CDMA(HSPA)のdocomo回線も問題なく利用できました。

 
auとdocomoデジタル変調の形式が違うのはご存知の方も居るとは思いますが、国内版SIMフリーiPhoneはW-CDMA形式もCDMA形式も利用できます。これによりキャリアで契約したSIMカードもSIMフリーiPhoneではトラブル無くそのまま利用できるのです。
 

参考ページ:iPhone 6s-技術仕様

 
4.実店舗にて待たされることが無い。

 
地味に重要なのですが、キャリアでiPhoneを購入すると1-2時間ほど待たされることがあります。キャリアで購入するのは「契約」なので、店員には利用規約と契約内容の説明が必ずあります。さらに契約の切り替え等でかなり時間がかかってしまうのです。その点、SIMフリーiPhoneは基本的にMacと同様「購入するだけ」でそのまま使えます。お手軽に機種変更できてしまうというわけです。

 
5.AppleCare等のiPhoneの保証もつけられる。

 
iPhoneは購入と同時にAppleCare+を購入すれば、2年間の保証がつけられます。水濡れや破損等でも新古品と格安で交換できるので、大切に使いたい方はオプションとしてオススメできます。もちろん購入時より自然故障による1年間の保証は初めからついていますが、AppleCare+は不慮の破損等にも対応しているのが大きな違いです。

 
あとがき

 
SIMフリーiPhoneはキャリア版(SIMロック板)とのハードウェア的な違いはありませんが、利用できるSIMカードに制限があるかどうかという点のみ異なります。SIMフリーiPhoneはiPhone 6 Plusより使い始めており、個人的には全く困ったことは無く「携帯電話」として利用できています。私としては携帯電話の契約はOCNをしばらく利用する予定なのでSIMフリーiPhoneを利用していきたいと思います。

 
余談ですが、最近いろんなメーカーでSIMフリー端末をAndroidでも数多く発売しており、携帯電話はもはや端末だけユーザーで調達して契約はオンラインで済ます。。なんてことがスタンダードになる日も近いかもしれませんね。

よろしければシェアお願いします!