Time Capsuleのファームウェアをアップデートする方法

先週帰宅した時に、Time CapsuleのLEDランプがオレンジ色に点滅しており何事かと調べたらファームウェアのアップデートが来ているだけでした。というわけで、今回はTime Capsuleのファームウェアをアップデートする方法を書きます。


【動作環境】

・MacBook Pro Retina (15-inch Late 2013, OS X 10.11.5)
・Time Capsule 第5世代 3TB


【必要なもの】

・Mac版のAirPort Utilityのアプリ
・イーサーネット環境のネットワーク


まず、Time Capsuleにイーサーネットを接続し、通常通りWi-Fiを飛ばします。そしてAirPort UtilityにてTime Capsuleの情報を見ます。AirPort UtilityはMacにプリインストールされていますので、スポットライトサーチ等で探したり、Launchpadでアプリ一覧の中にあるはずです。


Time Capsule update 1


Time Capsuleの絵にクリックします。


Time Capsule update 2


するとポップアップが出てくるので“Update”をクリックします。これで自動的にアップデートが開始され、最新のファームに更新できます。


Time Capsule update 3


あとがき


ファームウェア更新には数分かかりますが、気長に待ちましょう。そう言えばTime Capsuleのファームウェアは購入してから手動で行ったことはないけど、今までは勝手に設定してくれたのかな。ともあれこれで最新のver. 7.7.7にアップされました。Updateのお困りの方はどうぞ。