非表示にしたアプリを「購入済み」の欄に再表示する方法

以前の記事で、購入済みiPhoneのアプリをiTunesに表示する記事を書きました。その記事の中で非表示にする方法も書いたのですが、一度非表示にするとiPhoneからは再表示させることができず、iPhoneから見ると購入したことがないアプリとして認識されてしまいます。これはiTunesによって再表示させることができるのです。


今回はiTunesを使って、非表示にしたアプリを再表示する方法を書きましょう。


環境:
iTunes 12.5.5
iPhone 6s Plus(iOS 10.2.1)


iTunesの「購入済み」アプリにカーソルを合わせて、左上のXをクリックしてみます。


b6b6f0cac90d577e883cfefd52ad9b65.png


すると「購入済み」のアプリ一覧から表示が消えます。


ITunes 購入済み再表示 5


同様にiPhoneでも消えてしまいます。


ITunes 購入済み再表示 6


一度非表示したアプリを「購入済み」に非表示にしたいときは、iTunesのアカウントからアクセスできます。


ITunes 購入済み再表示 1


続いてiTunes in the Cloudの項目にある「管理(Manage)」をクリックします。


ITunes 購入済み再表示 2


ここでは、非表示にしたアプリを管理できます。再表示させたいアプリの下にあるボタンをクリックしましょう。


ITunes 購入済み再表示 3


これで無事にiPhoneの購入済みにアプリが再表示されるようになります。


ITunes 購入済み再表示 4


あとがき


iPhoneを長く使っていて、たまにアプリの整理をするのですが、そんなときたまに間違ったアプリを非表示にしてしまったこともあり、今回記事にしてみました。あまり使う機会は少ないとは思いますが、覚えていると便利ですね。