【左巻きのメリット】ベイトリールは右利きなら左巻きで良い。

ベイトリールで左巻きか右巻きかどちらが良いかはアングラーそれぞれの考えや慣れがあるので、断言はしません。(ぶっちゃけると好きな方で良い

 
本エントリーでは立場をはっきりさせるために言い切ります。ベイトリールのハンドルは利き手の逆側のハンドルで良いと思います。つまり右利きで右投げなら左ハンドルで良いと思います。その理由を書いていきましょう。

 

キャストしてから巻き始めまでの動作が速い

最大のメリットはこれです。キャストしたあとに即リーリング動作に移れるのは左ハンドル特有のメリットでしょう。特に渓流でのアップストリームでの用途なら、ルアーの着水と同時にリールを巻き始めることはマストです。

 
渓流の場合ルアーの着水と同時にヒットすることも珍しくありません。また、シャローを攻めるときには根掛かりのリスクもあるためです。特にシンキングミノーはスナッグレス性能が低いので、キャスト即リーリングはマストと言えます。

 
これが右投げ右巻きだと、キャストのたびに持ち替えが必要になってしまいます。

 

投げてからのアクションが楽

トゥイッチングやシェイクなどの細かいアクションは効き手の方がつけやすいです。小型のミノーだと細かい首振りが必要なので、やはり利き手の方がやりやすいです。スピニングでも右利きでアクションしているので共通性をもたせる意味もあります。

 

ピッチング、フリッピングが楽

特に恩恵を受ける受けるのは、ピッチングとフリッピングです。バスフィッシングではラバージグやワームなどのショートキャストからのアクションまでの一連の流れがスムーズにできます。

 
慣れれば片手だけでキャストが連続でできるほどです。特に打ちモノで右投げ右アクションの方が楽なのでおすすめ。

 

疲労感はパーミングの形を使い分ければ良い

ワンフィンガー、ツーフィンガーそしてスリーフィンガーを使い分けています。ワンフィンガーでキャスト、リーリングはツーフィンガーとスリーフィンガーで行っています。

 
ツーフィンガーやスリーフィンガーでファイトやリーリングをした方がパーミングしたときに力を込めやすく、疲労も分散できるのでおすすめです。

 

50オーバーのスチールヘッドがかかっても問題ない

左ハンドルで50オーバーのスチールヘッドを何本か釣りました。めちゃくちゃ暴れまくりましたが、グリップエンドを体に当てて体全体でファイトしていました。

 
キャスト&ファイトに対して右手でキャスト・ファイトを繰り返すので右手がかなり疲れてしまいます。そのため適宜パーミングのフォームは変えてやります。

 

右投げ・左巻きはおすすめ

10年間右投げ・左投げでベイトリールを使ってきました。投げてすぐ巻ける。最近のベイトタックルは軽量になったので、1日投げ続けても特に問題ないのも嬉しいです。

 
ワールドシャウラ1701ff-2と左巻きのカルカッタコンクエスト101HGを組み合わせて使っています。渓流でもバスフィッシングでも使っていますが快適です。

 

左巻きのメリットのまとめ

 

  • キャストからリーリングまでの動作が速い
  • ピッチングがとてもやりやすい
  • 右手でのアクションがやりやすい

左巻き、おすすめです。