【レビュー】Anker 24W 2ポートUSB急速充電器 PowerPort 2

今回はAnkerのPowerPort 2をレビューしたいと思います。この製品は12W出力のUSBが2ポート搭載されている急速充電が可能なUSB充電器となっています。iPhone付属の5Wの充電器では充電の速度は速いとは言えないため、iPhoneやAndroidのバッテリーを急速充電したいユーザーや、iPad等のタブレットを充電したいユーザーにおすすめできますね。

 
この製品を買った理由として、私はiPhoneやiPad、iPod nano、Anker PowerCore+ 10050等のモバイルデバイスを数多く持っており、今までAppleの12W充電器だけでまかなっていましたが並列にiPhoneやiPadを同時に充電できる環境を構築したかったためです。

 
参考記事:iPhoneを急速充電できる12W USB電源アダプタレビュー

 
Anker PowerPort 2-review-1

・付属品は本体と取説×2

 
Anker PowerPort 2-review-2

 
本体と取説×2というとてもシンプルな物となっています。取説には使い方の説明がありますが、基本的に電源プラグに差し込むだけです。ちなみに私が選択したモデルはホワイトモデルですが、ブラックモデルも有ります。

 
・本体LEDについて

 
コンセントに本体を差し込むと、IQの文字の上にあるLEDが点灯します。スタンバイ時 or 低速充電時は青色、急速充電時は緑色に点灯します。

 
Anker PowerPort 2-review-3

 
・Apple 12W充電器とサイズの比較

 
Apple純正の12W USBとサイズを比較してみます。Ankerの充電器は少しだけ大きなサイズといった感じで、外観の素材は樹脂で角が丸くなっています。ちなみにこのAnker PowerPort 2の電源プラグは折りたたむことが可能です。これが地味にポイント。

 
Anker PowerPort 2-review-4

 
・実際に電源コンセントに装着

 
電源コンセントに装着してみました。私はUSB-Lightningケーブルと、USB-microUSBケーブルを接続し、モバイルブースターとiPhoneを同時に充電できるようにしました。ちなみにAppleの12Wの充電器も引き続き利用し、最大合計3台まで充電できるようにしました。これで充電待ちの端末が減るので充電で頭を悩ませることも激減するでしょう。

 
急速充電時は、写真のようにLEDが緑色に点灯します。端末の満充電が完了するか、デバイスからケーブルを全て引き抜くとスタンバイモードに移行し、青色に点灯します。

 
Anker PowerPort 2-review-5

 
・充電能力について

 
このUSB充電器はケーブルの抵抗を検出して自動的に出力を可変させる機能を搭載しており、ケーブルの長さ等によって充電時間が変わることはないそうです。実際に使ってみた感想はiPhone 6s PlusやiPad Air 2の場合、12WのApple純正USB充電器と同等の充電速度であることを確認しました。確かに急速充電できているようです。

 
あとがき

 
USBの充電器はもはや当たり前となった今、急速充電ができてなおかつ品質が良いUSB充電器を私は推奨します。Ankerのこの製品は18ヶ月保証なので安心です。劣悪なUSB充電器だと漏電して端末が破損したり感電する場合がありますので、電源系はしっかりしたものを使用したほうが良いでしょう。

 
ちなみにこの製品の後継機種として型名A2021121がありますが、こちらはデザインが角ばっておりLEDが省略されたモデルのようです。充電機能自体は同等と考えられるので安く入手したい方は後継機でも良いでしょう。

よろしければシェアお願いします!