Apple製品のシリアルナンバーはevernoteで記録すると便利

どうもMaxyです。私は現在所有しているApple製品(MacBook Pro RetinaやiPhone 6s Plus等)のシリアルナンバーを全てEvernoteに記録しています。今回はEvernoteにシリアルナンバーを記録しておくメリットを書いてみます。

 
Apple製品-シリアルナンバー-Evernote-2

iPhoneの保証期間を調べる方法

2014.11.04

 

・iPhone、iPad、Mac、WindowsおよびAndroid等あらゆる端末からどこでもアクセス可能

 
なぜシリアルナンバーを記録するか。これはどこでもシリアルナンバーにアクセスできるようにすることで、Apple製品の管理とサポートの確認ができるからです。

 
例えば外出先で「MacのAppleCareはいつまでだっけ?」とか、「iPhoneの画面が割れてしまったけど、AppleCare+の期限はいつまでだっけ?」などシリアルナンバーから端末の保証状況が確認できるので、そのまますぐにサポートに連絡したり、Genius Barの予約もできます。

 
私はMac、iPadそしてiPhoneにEvernoteをインストールしています。これによってどの端末でも同じ情報が見れます。さらに、ウェブ上でもEvernoteが利用できるので、WindowsのIE等でもアクセスできるのもポイントですね。

 
・Evernoteの強力な検索機能

 
Evernoteの検索機能は画像内文字検索もあるので、アップロードした画像の中の文字までも検索対象となります。「シリアルナンバー」と検索したり、アップロードしたスクリーンショットの中の情報までも拾ってくれます。

 
Apple製品-シリアルナンバー-Evernote

 
あとがき

 
このTipsは以前外出先でMacのシリアルナンバーを知りたくなったときに思いつきました。あの時はGenius Barの予約を外出先でする必要があってシリアルナンバーから予約したんですよね。本格的なEvernoteの活用術はまたの機会にご紹介しますが、もう手放せないアプリとなりつつありますね。

よろしければシェアお願いします!