auのiPhoneで通話とネットワークを同時利用する方法

このサイトをご覧になっている方ならとっくにご存知とは思いますが、auのiPhoneで電話しながら、ブラウザなどのネットを利用する方法を書きたいと思います。ドコモやSoftBankの通信規格のW-CDMAと異なり、auは通信規格にCDMA2000という規格を採用しています。このCDMA2000は今のiPhoneでも通話やデータの通信に利用されており、基本的に通話では3G規格としてCDMA2000が利用されています。(詳細はKDDIのホームページ)これはLTEでも同様となっており、通話のときにCDMA2000、データ通信にLTEもしくはCDMA2000 EVDO等に切り替えて通信を行っているため、auのiPhoneでは通常、通話とネットワーク通信が同時にできません。今回はauのiPhoneで通話とネットを同時に行う2つの方法ー書きたいと思います。具体的には、以下の2つの方法です。

 
・iPhoneをWi-Fiのネットワークに接続する。

・Skype、FaceTime、LINE等のアプリケーションを使用する。

 
au-iPhone-通話同時-1

 

・iPhoneをWi-Fiに接続する。

 
コントロールセンターや設定アプリからWi-Fiに接続します。これによりブラウザやメールの通信にはWi-Fiを利用し、通話にCDMA2000を利用するため通話とネットワーク利用が可能です。この方法は通話の相手が固定電話やガラケー等である場合に有効でしょう。相手がSkype等を利用できないケースもありえますからね。ただしこの方法はWi-Fi環境が整っていないとできません。どの家庭でもWi-Fiがあるとは限りませんからね。

 
au-iPhone-通話同時-2

 
・Skype等のアプリケーションを利用する。

 
相手も同じアプリケーションを持っている必要がありますが、Skype同士、LINE同士、FaceTime同士では音声をデータとして送受信するため、通話とネットワークを同時に利用できます。特にFaceTimeはiOS7よりFaceTime Audioというビデオカメラを利用しない通話が可能です。FaceTime AudioはiPhoneやiPad同士で利用でき、初めからiOSにインストールされているため、アドレス帳や通話履歴から発信できるのが便利です。この中ではFaceTime Audioが便利だし音質も良いので好みかな。ただし、相手がAndroidやWindowsだとFaceTime Audioを利用できないので、SkypeやLINEを利用して通話することもあります。特にLINEはほとんどのスマートフォンユーザーがインストールしているので、現在は汎用性が高いでしょう。

 
この方法のメリットはほとんどの携帯ユーザーが現在スマートフォンを利用しているため、アプリケーションによって、通話料を抑えたり、さらにはWindowsやMac等のユーザーともスマートフォンで通話できることですね。

 
au-iPhone-通話同時-3

 
あとがき

 
この方法を知っておくと例えば相手と通話しながらマップやメール、メッセージを利用することも可能です。auが正式にiPhoneでVoLTE(Voice over LTE)に対応してくれれば、通常の電話発信でもネットワークと同時利用可能ですが、現在auのiPhoneは対応していないのでまだ利用できません。(iPhone 6/6 Plusはハード的にVoLTE対応)auのiPhoneユーザーは少なくないですし、覚えておいて損は無いでしょう。

よろしければシェアお願いします!

3 件のコメント

  • やっとiPhone6がVoLTEに対応して「通話とネットワークを同時利用」が可能になりましたが、対応するまでの
    間私は他の方法で対応していました。

    最近は「電話カケ放題プラン」と「データ定額サービス」が出ていますが、私もこれを契約しています。
    この「電話カケ放題プラン」を使うと転送電話の通話料も無料になるので、iPhoneに入れているIP-Phone
    SMARTに転送する様にしていました。

    こうする事で、電話もネットも同時に出来る用にしていました。
    VPN等を使う場合切断を回避出来て助かっていました。

    現状でもiPhone5s以前の機種の場合(LTE対応機種)は、使えると思います。

  • 先日コメント残しましたが反映されていない様なので再度書き込みます。

    私が行っていた「auのiPhoneで通話とネットワークを同時利用する方法」は、「電話カケ放題プラン」を使う
    方法でキャリアの電話を全てIPフォンサービスに転送する方法です。

    私は「IP-Phone SMART」へ着信転送していました。こうしておけばデータ通信中でも電話を受ける事が出来
    ます。私の場合VPN等をよく使う為、データ通信が着信で遮断されて困っていましたが、これで助かっていま
    した。

    現状でも5sや5c等では使える方法だと思います。

    • Mac使いさんコメントありがとうございます.返信が遅れて申し訳ありません.

      キャリアの電話を全て転送するという技であれば確かにVoLTEに対応していなくてもいけそうですね.
      私はかけ放題プランに契約していないので盲点でした.これなら5s,5cでも可能ですね.