iPhone 6/6Plus、iPad Air 2の通知センターに気圧を表示させる方法

本記事ではiPhone 6/6 PlusおよびiPad Air 2の通知センターに気圧を表示させる方法を書きます。

 
iPhoneは6/6 Plusから、iPadはiPad Air 2から気圧計がハードウェアとして装備されています。

 
この気圧計の機能を使うことで、高低差を調べることで フィットネスのデータのアキュラシーを向上させるようですが、普通に気圧を測定することもできます。

 
気圧計-2

 
App Storeで、”Live Barometer”と検索し、ダウンロードして下さい。このアプリは無料で使用できるのが特徴です。
ダウンロード:https://itunes.apple.com/jp/app/live-barometer/id926381209?mt=8

 
気圧計-3

 
通知センターを開き編集をタップします。

 
気圧計-4

 
通知センターで表示する項目にLive Barometerを追加します。これで 気圧計を通知センターに置くことができますよ。

よろしければシェアお願いします!