Macをスリープさせないアプリ“Caffeine”の使い方.

Macを起動していて、「任意の時間だけスリープさせたい」ときに有効なのがアプリの“Caffeine”です。例えばMacのiTunesで音楽を聴いていたり、長時間動画を再生したいときに勝手にスリープされたら困ります。環境設定でスリープ時間を長くするのも手だけど、いちいち設定を変えるのも面倒。スリープさせないためにマウスを一定の頻度で動かすのも面倒。という人向けの記事です。

 
CaffeineはMacApp Storeから無料で入手できます。MacBook Air使用時代から使っていて、地味に使用頻度の高いアプリです。私はiPhoneやiPadとMacを同期するときスリープさせたくないので使っています。

 
Caffeine-1

 
環境

MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013(OS X 10.9.5)

Caffeineを起動するとメニューバーにコーヒーカップのアイコンが出現します。これを右クリックすると、メニューが出現しますので、Active forにマウスのカーソルを合わせるとスリープさせたくない時間を設定できます。例えば図のように1 hourにカーソルを合わせクリックして任意の時間を決定します。

 
Caffeine-2

 
カップをクリックするとCaffeineのON/OFFが設定できます。Caffeineを有効にするにはコーヒーカップをクリックし、カップにコーヒーを満たしてください。カップが空のときはCaffeineは有効ではありません。使い方はこれだけです。

 
Caffeine-4

 
このアプリが便利なので重宝しています。長時間Macを無操作で起動されたい方は是非インストールすることをおすすめしますよ。

よろしければシェアお願いします!