iMacは21.5インチじゃなくて27インチを絶対買うべき理由

iMacには2019年5月現在、21.5-inchと27-inchがラインナップされています。私は2017年にiMac 27インチ2017年モデルを購入しましたが、その時からサイズは27インチ一択でした。今回はその理由を書いていきましょう。

参考記事:

iMac 5K 2017 レビュー

iMac 27インチ5K 2017年モデルのメモリ交換と静電気対策

27インチは解像度がとっても広い

私が27インチを選んだ最大の決め手は、液晶の広さと解像度でした。27インチは5120×2880、21インチは4096×2304です。

 
並べてみると下の図のように大きな差があります。個人的な意見ですが、液晶の大きさ(解像度)が大きいほど作業効率が上がります。(実際はRetina解像度として使うので、27-inch: 2560×1440 21.5-inch: 1920×1080)

 
個人的な意見ですが、予算や場所が許されればスマートフォンでもパソコンでもできるだけ大きいものを推奨しています。表示される面積が大きいほど表示できる情報量が多くなるためです。

27インチはなれるとちょうどいい大きさ

21.5インチは職場で、27インチは自宅で使っています。自宅の27インチでなれると21.5が「めっちゃ小さいな」と思えてしまいます。21.5だと2つのアプリを同時に並べるときに横の広さがちょっと物足りなくて、27インチだと2つのアプリを横に並べても余裕なので、やっぱ27を買ったよかったなあと思っています。

27インチはメモリの換装が可能

以前記事にも書きましたが、メモリ(RAM)の換装が自分で可能です!だからどうしたではなく、買ったあとにメモリをアップグレードできるのは、OSが新しくなっても快適に使えるのはアドバンテージが大きいでしょう。

参考記事

iMac 27インチ5K 2017年モデルのメモリ交換と静電気対策

27インチを購入するなら2019年モデル以降を買うこと

2019モデルのマイナーチェンジで、27インチモデルはCPUがIntel Coreシリーズ第9世代を搭載するようになりました。標準で6コアCPUを搭載するので、2017モデルの4コアCPU搭載モデルより確実にパフォーマンスは高くてお買い得です。

27インチは長めに使えるモデルなので、なるべく新しいモデルを選ぶといいでしょう。

引用:https://www.apple.com/jp/imac/specs/

結論: iMacは27インチを強くおすすめ

27インチは1年と少し使っていますが、27インチのiMacはMacの中でもコスパがよくおすすめできます。サイズが大きすぎたかとも思いましたが目があまり良くない私でも全く問題ないです。

 
27インチは横幅が65センチと意外とコンパクトなので、デスのサイズと予算がが許されるなら21.5ではなく27を選んでほしいですね。