iPhone・iPad・iPod touchのiOS 11対応機種についておさらい

WWDC 2017で発表されましたが、2017年秋に最新のiOS11がリリースされます。コントロールセンターの刷新や、iPadにドックが追加されるなど多くの変化がありますが、対応機種について注意しておきましょう。

 
対応機種としては、64BitのA7チップ以降を搭載した以下の機種となります。

 
-iPhoneは5s以降のモデル

-iPadはiPad mini 2-4とiPad Air以降のモデル

-iPod touchは第6世代

 
画像の引用: https://www.apple.com/jp/ios/ios-11-preview/

 
IPhone iPad iPod touchのiOS 11対応機種についておさらい

 
-iOS 10ではサポートしていたiPhone 5/5cが非対応になっています。(iOS10は9月14日にリリース。iPhone 4sは非対応。)

 
iPhoneは2013年以降に発売されたiPhone 5c以外のモデルが、iPadは2013年以降のモデル、iPod touchは2015年以降に販売されたモデルが対応となります。iOS 11よりA6のプロセッサー以前の32bitのCPU搭載モデルは非対応となります。これによりiOS 11から全てのiOSデバイスが64bitのCPU搭載モデルに統一されることになります。

 
iPhoneはOSのサポートが4-5年とAndroid端末と比較して長いのが特徴です。これはOSとハードを同時開発しているため、ある程度低いスペックでも快適に動作するAppleの強みがありますね。もちろんAppleとしてはなるべく早いサイクルで買い替えてもらいたいと思っているでしょうが、2年程度で最新OSが使えなくなるわけではないのが良心的と言えますね。

 
iOS 11はiPhone 8にインストールされて出荷と考えられます。例年マスター版のダウンロードは9月の中旬から末までの配布となるので気長に待ちましょう。もちろん私もiPhone 6s Plusにインストールして試してみる予定です。

よろしければシェアお願いします!