iPhone 6/6 Plusで60フレームのムービーを撮るための設定

iPhone 6/6 Plusから、ムービーは1080pの60フレームで撮影できるようになりました。ですが、工場出荷時の設定では、60フレームに設定されておらず、デフォルトの30フレームで設定されています。フレームとは厳密にはフレームレートと言い、1秒間に表示される絵の数を指します。つまり60フレームでは1秒間に60枚の絵がムービーの中に保存されており、デフォルトの30フレームより単純に2倍滑らかということになります。

 
60フレームだと画像のように60FPSという文字が表示されるはずです。今回はiPhoneで60フレームのムービーを撮影する設定を書いてみます。やり方はとても簡単です。

 
iPhone-60fps-1

 
環境

・iPhone 6 Plus (iOS8.1.3)

 

設定アプリを開き、写真とカメラをタップします。

 
iPhone-60fps-2

 
下にスワイプして、60FPSで撮影するをONにします。設定は以上です。

 
iPhone-60fps-3

 
この設定にすると、記事の冒頭の画像のように60FPSの文字が表示されていることを確認して下さい。60フレームの動画は感動するくらい滑らかなはずです。30フレームと比較して動画の容量は増えてしまいますが、iPhone6 6Plusは最大128GBが用意されているので、私はムービー撮影に60フレームを使用することをおすすめしています。後でMacやWindowsで編集もできますからね。

 
MacにiPhoneのムービーを取り込む方法は以前の記事、iPhoneで撮影したムービーをMacに直接保存する方法。で書きましたので合わせてどうぞ。

よろしければシェアお願いします!