iPhone 6 Plusのバッテリーは驚くほど持つのがいいね。

iPhone 6 Plusを使い始めて1ヶ月以上経つのですが、画面の大きさ以外でももちろんいい点はあります。それはiPhone 5sより圧倒的にバッテリーが持つということ。体感的にはiPhone 5sの1.5倍くらいは持つんじゃないかと思っています。

 
私は休日よく色々な場所に出かけるのですが、朝電池満タンで出かけてGoogle Mapsをガンガン使い、Safariで調べ物や電車の乗換を検索したり、電車の中でKindleで本を読んだりEvernoteを開いたりと電池のことなんかは割りと気にせず使いまくるタイプなのですが、10時間くらいはモバイルブースター無しでも余裕です。5sだと途中で途中必ず充電しないとだめだったのですが6 Plusに変えてからはバッテリーに関しては大変満足しています。アプリケーションで電池の容量を調べると2910mAhと大容量になっています。(液晶解像度だけなぜか間違っています。本来は1080×1920です。)ちなみにiPhone 5sは1570mAhと言われ、iPhone 6 Plusはおおよそ倍の容量を持っています。

 
iPhone-6plus-battery

 

iPhone 5s以前はよく言われていましたがバッテリーの少なさは問題でした。iOSはもともとシステムの電池消費が少ないことで電池持ちが良いと定評がありましたが、iOS6以降から機能や視覚効果が徐々に増え、4G(LTE)へ対応したことで電池消費の増加は避けられませんでした。テザリングやGPSを使用するマップは電池消費が激しいのであっという間にバッテリーがなくなり、今までのiPhoneだとすぐ充電が必要といったことを経験してきましたが、6 Plusでは大容量のバッテリーのおかげで安心してヘビーに使うことができます。

 
AppleのiPhoneの仕様のページだと連続通話が24時間待ち受け16日間音楽再生80時間となっていて数字にも現れています。音楽80時間が結構魅力的かな。言い換えると音楽再生程度ではほとんどバッテリーを消費しないので、教材を使用して勉強するときもこの容量は勉強ツールとしても魅力的。

 
iPhone-6plus-battery-2

 
iPhoneを選択する基準として、画面の大きさで判断する人がほとんどだとは思いますが、携帯電話としてはいつでも使える基本的なことが大切なのでバッテリーの容量にも注目して欲しいですねー。知人のiPhone 6 Plusユーザーも言っていましたがとにかくバッテリーが持ちので毎日充電しなくても良くなったことも大きなメリットです。

よろしければシェアお願いします!