iPhone 6s Plusの液晶の修理にGenius Barに行ってきました。

どうもMaxyです。先日iPhone 6s Plusの液晶の表示がおかしくなったことに気づいたので、Apple Store銀座店のGenius Barに今年初めて行ってきました。具体的なiPhoneの症状としては、ディスプレイの一部の明るさにムラがあり、私のサイトのように壁紙が白いサイトやアプリでは非常に気になったためです。

 
似たような症状は以前iPhone 4sでも発生しており、今回もGenius Barに行って修理に行ってきました。iPhoneの修理の前には本体まるごと交換もありえますので、Genius Barに足を運ぶ前には必ずiTunesでiPhoneのバックアップを取りましょう。

 
2016-Genius Bar-1

 

日曜日の夕方に行ったので、店内には数多くのお客さんが。特に4階のGenius Barは大盛況でした。予約時間の20分前くらいに行ったのですが、座って待つスペースもないくらいでした。しばらくして名前が呼ばれたので、症状を伝えて店員さんと相互確認を行い、修理するとのことでした。店員さんから引換証がもらえますので絶対になくさないように。

 
修理には2時間ほどかかると伝えられたので、まずは一階でセカンドMacとしてMacBook Air 11-inchとMacBook Pro Retina 13-inchを物色。個人的には13が気になるところ。吊るしでRAM8GBがポイント。

 
その後、iPad Proを操作。うーむ相変わらず大きい。確かにプロダクトとしての完成度はめちゃくちゃ高いけれど、ここまで大きいと用途の選択が難しいと言わざるおえませんね。スマートキーボードと組み合わせるとお値段的にもMacBook Pro Retinaといい勝負。ただ、Apple Pencilの完成度はめちゃくちゃ良いので、お絵かき等をされる方には最高のパフォーマンスとなりそうですね。

 
2時間もApple Store銀座店に居るのもご迷惑だったのでその後は秋葉原へ。色々とイベントがあって楽しめました。その時の様子は後日別途記事にするとしましょう。

 
さて、2時間後にApple Storeに引き換えに行くと、結果として今回は保証内なので無償修理とのこと。使用途中の不良で保証の範囲内であったからと思われます。もちろんですが、ガラス割れ等の液晶破損の場合は有償となると思われます。

 
2016-Genius Bar-iPhone 6s Plus-修理

 
修理後のiPhone 6s Plusは液晶に問題なしでした。無事に直って一安心です。私の6s Plusはほぼ発売日に入手したので初期ロットの不良と思われます。

 
あとがき

 
今年初のGenius Barでした。Apple Storeの店員さんはとても製品知識豊富なのでいつも勉強になりますね。専門用語を遠慮無く使えるのでとても気持ちいいんですよね。それこそCPUの話から、LTEやWi-Fi等の無線の話、アプリの話も全て理解してくれるのがすごいです。Genius Barの対応とサービスはいつも思いますが、プロの仕事で色々と学ぶことが多いです。

 
もちろんですが、Genius Barの利用には予約が必須となります。Apple Storeのアプリで簡単に予約ができるのでおすすめですよ。ダウロードはApp StoreからできますのでiPhone/iPadユーザーは導入をおすすめします。

 
2016-Genius Bar-2

よろしければシェアお願いします!