iPhone 6s Plus開封の儀、外観は6 Plusとも比較しました。

2015年新発売しましたiPhone 6s Plus。先日予約していたのですが、ついに届いたので思い出づくりとして、開封の儀を行いましょう。iPhoneはここ3年連続で買っているけど、いつも開けるときが1番ワクワクするものです。

 
まずはパッケージから。今回のパッケージにはiPhone 6s Plusと箱の横に印字されています。6 Plusのときには“iPhone”だけでした。正面にはiPhoneの写真にCGが加工されています。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-1

 

箱を開けてみたところ。Appleのファンの方が多いこのサイトのビジターさんならわかると思いますが、Apple製品は全て箱を開けてからすぐに製品が登場します。この仕様はいつも嬉しいんだよね。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-2

 
付属品群その1。Lightningケーブル、5WのUSB充電アダプター、EarPods with remote and mic、SIMピンです。この辺りは5sのころから変わっていませんね。いつものセットです。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-3

 
付属品群その2。取説とリンゴシールです。この辺りも特に変わらず。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-4

 
iPhone 6 Plus(左)とiPhone 6s Plus(右)との比較。6s Plusは幅が0.1mm、厚さが0.2mm増加していますが、ほとんどわからないですね。iPad AirとiPad Air 2のときは厚さにかなり差はあったけど、サイズはほぼ同じです。現に、6 Plusのレザーケースがややきついものの普通に使用できました。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-5

 
外観の唯一の違いといえば、iPhone 6s Plusの背面に“s”の文字が追加されています。カバーすると見えなくなってしまうので、5と5sのようにTouch IDの有無で判断は難しくなりますね。ただ、ローズゴールドモデルは6s Plusにしか無いので、カラーが唯一のはっきりとした差になりそうですね。

 
iPhone 6s Plus開封の儀-6

 
あとがき

 
以上が写真による開封の儀です。sモデルはスペックアップが主なアップデートです。使用感としては、A9+RAM2GBということでiOS9がサクサクです。6 Plusのもっさりとした使用感とは一線を画しています。Safariを何ページ開いても問題ないし、アプリもほとんど落ちません。やっとiPhoneもハイスペックになってきてかなり満足しています。あまりにも快適なので、私にとっての初めてiPhoneである、iPhone 4sを買った時の感動が蘇りました。iOS9でもOCNの通信も問題なし!今後はカメラ、4KムービーそしてiOS9の設定などなど記事を展開していきましょう。iOS9はiPhone 6s Plusで初めてですが未だにちよっと戸惑うことが多いですね。

よろしければシェアお願いします!