iPhoneのSafariでデスクトップ向けのウェブサイトを表示させる方法

iOS8ではSafariがもっと便利になり、デフォルトでウェブサイトのデスクトップ向けの表示ができる機能が追加されています。最近のウェブサイトはほとんどiPhoneを始めとするスマートフォン向けのテンプレートを持つサイトが増えてきました。iPhoneでネットサーフィンをしているとデスクトップ向けではなく、モバイル端末向けのテンプレートをで表示されることもしばしばです。これはスマートフォンのブラウザの解像度が低いため、デスクトップ向けのサイトを見たときに文字が小さすぎて見辛いためなどの理由が考えられます。しかし、中には私のように普段パソコンで見慣れているデスクトップ向けの表示でサイトを読みたいという人もいるはず。今回はそんな人のための記事です。

 

まずはSafariを起動し、サイトを表示させます。今回の例としてはYahoo!JAPANを開いています。ここでアドレスバーをタップします。

 
iPhone-Safari-デスクトップ表示

 
するとiPhoneの「お気に入り」をが表示されます。ここで下へスワイプすると「デスクトップサイトを表示する。」というオプションがあるのでタップします。

 
iPhone-Safari-デスクトップ表示-2

 
すると、サイトがデスクトップ向けの表示となります。いつもパソコンで見慣れた表示ですね。ご覧のとおり文字は小さいですが、ピンチインで読みやすい表示に調節できます。以上がデスクトップ向けサイトの表示方法となります。

 
iPhone-Safari-デスクトップ表示-3

 
iPhoneでウェブを読んでいると大抵がスマートフォン向けの表示で読むこととなり、「デスクトップのデザインがiPhoneでも読みたい。」ということもブロガーとしてはしばしば。私としてはモバイルテーマよりもデスクトップ向けのテーマの方が私は好きなんですよね。Amazonなんかは個人的にデスクトップ表示の方が見やすいですし。デスクトップ表示をすぐに見たい方は是非お試しあれ。

よろしければシェアお願いします!