iPhoneのSafariの履歴とデータを消去する方法

iPhoneの純正ブラウザSafariを使っている方は少なくないはず。現に私のブログのアクセスはiPhoneとiPadからのアクセスが多く、ブラウザの半分はSafariから訪問されています。今回はSafariの履歴とデータを削除する方法を書きましょう。

 
この方法のメリットとしては、Safariに限らずブラウザはページを移動すれば移動するほど、再び同じページを訪れるときにキャッシュとしてデータを保存し、高速で表示できるためなのですがそれらが肥大化すると逆にページの表示が遅くなる場合があるのでときどき消してあげましょう。この方法はログイン情報のクッキーも削除されるため、ウェブサイトの再ログインも必要になるので注意です。

 
環境

・iPhone 6 Plus (iOS8.3)

 
Safari-履歴削除-1

 

まず、設定アプリを開き“Safari”をタップします。その先に「履歴とデータを削除する」とあるので、ここをタップします。

 
Safari-履歴削除-2

 
ポップアップが出現するのでタップします。この操作でSafariのデータ、履歴、クッキーが削除されます。

 
Safari-履歴削除-3

 
・Safariの履歴を確認してみる。

 
Safariのブックマークを開き、ブックマークを起動して戻る操作で「履歴」をタップします。すると、履歴が全てクリアされていることを確認します。手順は以上です。

 
Safari-履歴削除-4

 
あとがき

 
Safariが重くなったら試してみてください。この方法はもちろんiPadやiPod touchでも同様です。Safariに限らずGoogle Chrome等でも同様の手順でデータと履歴を削除できるはず。ウェブサイトのログインをし直さないといけなくなるので、たまに行う程度で十分かと思います。

よろしければシェアお願いします!