Apple、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusを発表。スペックを6と6 Plusで比較しました。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusが発表となりました。新型iPhoneはローズゴールドを加えた4色展開にとなり、より選択肢が増えました。ローズゴールドの上品な色合いは男性の私でも欲しいかも。。マルチタッチがForce Touchを搭載して3D Touchに進化。さらにタッチセンサーを搭載して押す力や長さをiPhoneが感知してアクションが追加。例えばカメラアプリを長押しすると新たにメニューが出現し、画面をタップする回数が減り新しい使い方ができそうです。

 
・プロセッサー

 
新型のA9チップを搭載プロセスルールは現時点で不明ですが、おそらく14nmと考えられます。コア数・メモリは現時点では不明。前の世代(A8チップ)と比較してCPUタスクで70%、GPUタスクで90%パフォーマンスが向上しているようです。デモを見ましたが、iOS9を搭載したiPhoneの挙動がプロトなのに明らかに6 Plusより動作が軽いんですよね。また、co-processorであるM9をA9チップにビルトインしているようです。さらに、Touch IDが第2世代となり、2倍速く正確に指紋認識が可能になるとのこと。

 
・カメラについて

 
12MPの新しいiSightカメラを搭載。画素数が増えて暗くなることを、センサー間のクロストーク防ぐことで改善し、さらに色の再現度を上げたそうです。さらに最大63MPのパノラマ写真が撮影可能となります。さらにさらに、4Kビデオが撮影可能になりました。これで8Mの動画が撮影できるようになりました。ついにiPhoneでも4Kビデオが撮影できるようになり、これで4Kテレビをお持ちの方のみならず、5KのiMacや、私のMacBook Pro Retinaの真価を活かせるようになりそうです。また、フェイスタイムカメラが5Mに地味に解像度向上し、自分撮りユーザーは嬉しいのでは無いでしょうか。今までは1,2Mでしたからね。また、LIve Photos機能の追加。動く写真が撮影可能になりました。新たな機能としてLive Photosの機能が増え、iPhoneの写真を長押しすると動き出す仕組みとなっています。

 
・ネットワーク

 
ついにLTE Advanced(4G)に対応し、セルラーネットワークで最大300Mbpsの通信速度を実現できるほか、Wi-Fiの速度が速くなり最大866Mbpsとなり、これは802.11ac 2×2MIMOの通信速度であるので2×2MIMOに対応していると考えられます。MIMOに対応していれば当然LTEの速度の向上にも期待できるので楽しみですね。さらに23のLTEバンドに対応しているので、引き続きSIMフリースマートフォンとして重宝しそうです。

 
・ストレージと発売日

 
16,64,128GBのラインナップとなっておりお値段は6、6Plusと据え置きです。詳細は後ほど分かるでしょう。発売日は9月25日9月12日予約開始となっています。早めに欲しい方は与薬が必須でしょう・また、iOS9は9月16日に配布されるとのこと。

 
あとがき

 
これぞ真のスマートフォンと呼ぶにふさわしいスペックとなりましたね!個人的にはカメラとプロセッサーの進化が嬉しい!気になるメモリ(RAM)ですが、4Kビデオを撮影したり、再生するには2GBのRAMは最低必要ですから、2GBである可能性は濃厚ですね。ペンチマークを測ってみないことにはわかりませんがいずれにしてもiPhone 6s Plusは購入したいと思います!以下に簡単に6,6 Plusと6s,6s Plusの比較をまとめたのでご参考に。

 
iPhone6s 6s Plus比較

よろしければシェアお願いします!