MacのアプリやOSを手動で最新にしてセキュリティをキープする方法

以前の記事でMacのセキュリティ対策について書かせていただきました。

Macのセキュリティ対策で最低限やっておきたい3つのこと

2014.12.26

 
その中でOSやアプリケーションのアップデートについても追記したいので新たに記事を書きたいと思います。AppleではOS Xに対して定期的にセキュリティパッチを配布しています。これをインストールすることもMacを安全に使用するためにマストなので覚えておきましょう。やり方はメニューバーの左上の林檎マークをクリックして、「ソフトウェアをアップデートする。」をクリックするだけです。

 
Mac-Updates-1

 
これにより、アップデートのできるアプリケーション一覧が表示されます。私は現在OS X 10.9.5を使用しており、iTunesはあえてVer.12に上げていないのでiTunesのアップデートのみ表示されています。上げるべきなのは、「セキュリティアップデート」とブラウザの“Safari”です。これによりOSのセキュリティとブラウザが最新に保たれるため、安全性が向上します。もちろんMac App Storeで購入したアプリケーションのアップデートもこの方法で確認できるはずです。この方法の注意点としては、AdobeのPhotoshop等のMac App Store以外からインストールしたアプリケーションは個別にアプリケーションでアップデートの確認を行う必要がありますのでご注意。

 
Mac-Updates-2

よろしければシェアお願いします!