私が未だにMacでMavericksを使用する3つの理由

どうもMaxyです。私のMacBook Pro Retina Late 2013はまだOS X 10.10 Yosemiteにアップグレードしていません。無料なのでいつでもアップデートする気になれば今すぐにでもできるのですが、上げていないのにはいくつか理由があります。今回はMacで旧OSのOS X 10.9 Mavericksを使用する理由を書いてみましょう。

環境

・MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013 (OS X 10.9.5)

 
why-Mavericks

 

・OSの機能としてはMavericksで十二分。

 
Mavericksのときは、AirPlayでテレビをMacのセカンドディスプレイにできたり、通知センターが強化されたりと、OSとしてほしい機能が多かったので満足しています。今のところMavericksに対する不満がなく、完成度の極めて高いOSだと思っています。AppleのYosemiteに関するKeynoteは何度か見ましたが、特に「これは!」という機能がなかったのですよね。パソコンのOSは頻繁に上げるのも大変だし、私はどうせならクリーンインストールしてから使用したい人なのですがそんな時間がないのが本音です。(^_^;)そのため今のままでいいかと思っています。

 
・本当に怖いのがアプリケーションの互換性(Compatibilities)。

 
私のMacにはAdobeのPhotoshopとIllustratorのCS6を導入しています。AdobeのCCシリーズはもちろんYosemiteにも対応しているしているのですが、CS6の互換性が怖いです。CS6が使えなくなったらかなりショックなので、とりあえずMavericksのセキュリティサポートが切れるか、新たにMacを買い換えるまでは上げることはないかなと思います。

 
・OSを上げると基本的にパフォーマンスは低下する。

 
いくつかのサイトで、私と同じ型のMacでYosemiteにアップグレードすると動きが遅くなったり、動作が緩慢になるなどパフォーマンスが低下する記事を読んで、サクサク使えている現状でわざわざリスクを取る必要はないかと思っています。それも当然で、ハードウェアは変わらないのだから、新機能満載の新OSにアップデートすればパフォーマンスは低下するはずです。本来なら最新OSに上げてレビューを書くのがAppleのブログとしては筋かもしれませんが、Mavericksがあまりにも快適すぎるので躊躇してしまっていますね。

 
あとがき

 
Mavericksはとても安定していて、ドッグのデザインもフォントもちょっと古いですが気に入っています。AppleがいつまでMavericksのセキュリティパッチを配布してくれるかはわからないけれど、とりあえずあと2-3年くらいは大丈夫かと思っています。そのころはさすがにMacも買い替えなので次のMacで端末ごとアップグレードしようかなと計画中です

よろしければシェアお願いします!

2 件のコメント

  • 参考までにYosemiteでAdobe CS5使えます。
    (ただしRetinaではないです…CS6は確かアップデートでRetina対応ですね)

    El Capitan までにしてしまうと、CS5 Service Manager(だったかな?失念…)がエラーを起こしてしまいます。

    • yuta*゚さんはじめまして.

      >参考までにYosemiteでAdobe CS5使えます。

      私もネットで調べましたが,CS6までは使用できるようですね.当方の環境は10.9.5/CS6/言語:英語です.

      >El Capitan までにしてしまうと、CS5 Service Manager(だったかな?失念…)がエラーを起こしてしまいます。

      そんなエラーが出るのはちょっと怖いですね.El Capitanの正式版が出てからCS6が使えるかちょっと心配です.
      CCに乗り換えればいいのですが,CS6の償却を考えると最低5年は使わなければいけないもので.