MacBook Pro Retinaの外部ディスプレイを2種類検討してみました。

1年半くらいMacBook Pro Retina 15インチ Late 2013を使用してきましたが一つだけ不満があり、液晶を足すことを検討しています。MacBook Pro Retinaは以前記事に書いたとおり(MacにおけるRetina Displayの利点と注意点。)、表示解像度を任意に上げて1920×1200で表示することができるため、15インチでかなり広い画面を使うことができます。でも、ブラウザとEvernote、Excelを並べて表示したいときにさすがに15インチでは手狭になってきたので、追加で液晶ディスプレイを購入することに決めました。そこで、今回MacBook Pro Retina用に悩んだ液晶ディスプレイの2種類を比較してみました。私の条件は以下になります。

 
・予算5万円以内

・24インチ前後・解像度はfull HD以上

・IPS液晶搭載

 
結論としてはEIZOのEV2450か、DELLの4K液晶、P2415Qのどちらかに絞りました。続きにMacBook Pro Retinaの外部ディスプレイについて書いてみましょう。

 

・MacBook Pro Retina Late 2013 15インチの外部ディスプレイの出力について

 
MacBook Pro Retina Late 2013 15インチの技術仕様のページでは、HDMI出力で1080/60p、2160/30pに対応しているそうです。HDMIでは4Kで30Hzまでしか出力できないみたいです。ただし、Thunderbolt 2のDisplay Port 1.2を使用すれば4K/60Hzもいけるっぽいです。(Mac で 4K ディスプレイと Ultra HD TV を使う)この辺りが悩ましいけどHDMIが使いたかったので、HDMIの4K60Hzは諦めています。

 
MacBook Pro Retinaのセカンドディスプレイ選び-3

 
・MacBook Pro Retina Late 2013 15インチの外部出力IOについて

 
MacBook Pro Retina Late 2013 15インチはIOにDisplay Portと互換性のある、Thunderbolt2を2基とHDMIを搭載しています。正面から左側に搭載しているのがThunderbolt2です。

 
MacBook Pro Retinaのセカンドディスプレイ選び-2

 
正面右側はHDMIを搭載しています。MacBook Airと異なり、HDMIを装備しているのが嬉しいところ。

 
MacBook Pro Retinaのセカンドディスプレイ選び-1

 
・心はEIZOの24インチになりそう。

 
一ヶ月くらい悩みましたがEIZOのEV2450-GYRを選択しそうです。EIZOは5年保証ですし液晶はMacを買い替えても使う長く付き合うものなので、デザインも考慮するとやっぱりEIZOなのかなと思っています。IPS液晶でノングレアなのも大きく気に入っています。DELLの4Kもすごく魅力的だけど国産の液晶がいいのかなと。。

 
あとがき

 
もちろん実物を見ましたが、いよいよMacの環境をデュアルディスプレイにすることを計画しています。今のMacのスペックでシングルディスプレイはもったいないのと、作業効率をもっと上げたかったのでデュアルディスプレイは憧れです。液晶を入手したらレビューと設定を記事にしたいと思います。

よろしければシェアお願いします!