iPhoneの「おやすみモード」の使い方と設定

iPhoneにはiOS6以降から「おやすみモード」という機能が搭載されています。この機能はとても便利で、例えば特定の時間帯だけ着信や通知があってもサイレントのままにしたり、集中して作業をしたいときやゲームをiPhoneでプレイしているときの着信の通知を「おやすみモード」をONにしている間だけ防ぐことができます。もちろん、通知があったことはiPhoneの所有者本人にはわかるので折り返すこともできます。どうしても集中したい時したいときや寝る前にこの機能をオンにすると便利ですね。

 
コントロールセンターからON/OFFを切り替えることができるのでとても便利です。今回はiPhoneの「おやすみモード」の使い方と設定を記事にしましょう。「おやすみモード」がONだとステータスバーに三日月マークが表示されます。

 
環境

・iPhone 6 Plus (iOS8.3)

 
おやすみモードの使い方-1

 

・「おやすみモード」は設定アプリから設定できます。

 
iPhoneの設定アプリを開き、「おやすみモード」をタップします。※私のiPhoneは言語が英語なので“Do Not Disturb”と表示されています。

 
おやすみモードの使い方-2

 
・「おやすみモード」を任意の時間で自動的にONにする方法

 
スケジュールをONにして、時刻をタップします。これで、何時から何時までという具体的なスケジュールの時間帯を決めることができます。これで自動的に任意の時間におやすみモードをON/OFFに設定できます。

 
おやすみモードの使い方-3

 
・「おやすみモード」を操作中も有効にするか、ロック中のみにするか

 
おやすみモードは操作中にiPhoneが起きている時にもONにするか、それともロック中のみにONにするか選択できます。例えばiPhoneでマップに集中したいときに「常に」を選択することで、通知に邪魔されず画面を表示させ続けることができます。ゲーム等でも「常に」の設定は有効です

 
おやすみモードの使い方-4

 
・着信があったとき、任意の人の着信は通知させることができる。

 
おやすみモードをONにしていても、さすがに電話の着信は通知したほうがいいな。。という人は、ここの部分を設定します。ここで連絡先の任意のグループや、「お気に入り」に登録されている人からの着信は通常通り通知させることができます。「全員」を選択しておけば、電話着信に対しておやすみモードをONにしていても普通に着信します。

 
おやすみモードの使い方-5

 
あとがき

 
意外と知られていない「おやすみモード」の使い方をご紹介しました。ライフスタイルはそれぞれですので、覚えておくと便利かと思います。

よろしければシェアお願いします!