【レビュー】SoundPEATS Bluetooth イヤフォンQ9A

SoundPEATS様よりご提供いただいたBluetoothイヤフォン、SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth Q9Aをレビューします。届いてから実際に1週間通勤等の外出先で毎日使用していました。今回は下記の項目について記述したいと思います。

 
・付属品について

・ペアリング方法について

・操作性について

・動作確認デバイス

・使用感・音質について

 
SoundPEATS Q9A レビュー 1

  
・付属品について

 
付属品には、Q9A本体と、充電用のUSB Type A-Micro USBケーブル、3種類(サイズ:S,M,L)のイヤーピース、コードクランプ、コードクリップ、収納ポーチおよび説明書がパッケージされています。新品のQ9AはUSBケーブルですぐに充電してあげましょう。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 2

 
収納ポーチはセミハードタイプとなっており、しっかりとした作りで使いやすいですね。私はQ9A本体とAppleのEarPodsを収納しています。

 
・ペアリング方法について

 
まずペアリング方法について書きます。例としてiPhone 6s Plusを挙げています。本体右側の3つのボタンで真ん中のボタン(以下パワーボタン)を8秒間押し続けるとペアリングモードに移行するので、iPhoneの設定アプリ>BluetoothでBluetoothをONにします。するとQ9Aの文字が表示されるのでタップしてください。これでペアリング完了です。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 4

 
ペアリングが完了するとコントロールセンターでもデバイス名が出てくるはずです。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 5

 
・操作性について

 
Q9A本体の3つのボタンでほとんどの操作が可能です。一度ペアリングしてしまえばデバイスを操作すること無く、各種の操作が可能です。説明書に事細かに操作方法が英語で記述しており、日本語で書かれていません。そこで本エントリーでは私が全ボタンの操作を日本語で訳することとしましょう。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 3

 
+ボタンの操作について

1回押し:音量UP
1秒間長押し:次の曲へ移動

-ボタンの操作について

1回押し:音量DOWN
1秒間長押し:前の曲へ移動

パワーボタンの操作について

3秒間長押し:パワーON/OFF
着信中に1回押す:電話に出る
通話中に1回押す:電話を切る
着信中に2秒間押す:通話を拒否
2回連続して押す:通話履歴の最新の番号に発信

 
注意すべきは、iPhoneとペアリングして2回連続して押すと勝手に発信されるので要注意です。これを防ぐには2回連続して押さないことと、最新の通話履歴を自宅か自分の携帯電話にしておけば万一誤発信しても大丈夫でしょう。

 
・動作確認デバイス

 
私の手持ちのBluetoothデバイスである、iPhone 6s Plus、iPad Air 2、iPod nano 第7世代およびMacBook Pro Retina Late 2013にて動作確認を行い全てのデバイスで正常にペアリング可能でした。Macでのペアリングもお手軽にできるので、Skype等での使用も快適です。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 6

 
Q9Aは2016年現在比較的新しい規格であるBluetooth4.1を搭載しており、プロファイルはAPTXを搭載しています。Bluetooth4.1(4.0)のメリットとしては消費電力が非常に低いことが挙げられます。これが本体バッテリーの持ちにも貢献しており、フル充電で実用3時間以上も使用できることを確認しました。AppleのデバイスはほとんどがBluetooth4.0を搭載しているため、ほとんどのApple製品で問題なくペアリングできるでしょう。

 
・使用感・音質について

 
気になる使用感ですが、結論としてはかなりいいです。イヤフォンタイプとしてはカナル型で非常に遮音性が高いことが特徴的です。Q9Aを装着すると周りの音がフッと消えたかのように静かになります。また、ワイヤレスでの使用感はとても快適です。ポケットからケーブルが出ていないため、有線のイヤフォンよりも遥かに操作性が向上しました。ケーブルが絡まないのも地味に快適です。

 
SoundPEATS Q9A レビュー 7

 
音質を評価する上でクラシック・女性・男性ボーカル、ジャズなどを視聴してみました。得意なのは低音のようで、ロック系の音楽は比較的よく鳴らしてくれますが、女性ボーカルやピアノ等の高音域ではややクリアさに欠けるといった印象です。

 
私がよく使用しているのはiPod nano 第7世代なのですが、iPod nanoはAPTXの高音質プロファイルに対応していないためか、音質は有線のイヤフォンの方が良いという印象です。ただ、通勤途中や屋外で聴くなら十分な音質といえます。

 
あとがき

 
私の用途としてはiPod nanoとペアリングして音楽鑑賞や、iPhoneとペアリングしてSkypeや電話等に使用することに決めました。ただし、耳掛け式としてはQY11のほうが音質や操作性に優れるため、予算に余裕がある方はQY11を強くおすすめしておきます。

よろしければシェアお願いします!