TOEIC公開テストが第210回(2016年5月29日)よりリニューアルされます。

うちのサイトではTOEICや英検等の英語関連の記事も取り上げているので、気になったトピックを1つ。TOEIC SQUAREのサイトによると、TOEIC公開テストが第210回(2016年5月29日)実施から新しいバージョンに変更となるようです。続きから変更点と戦略を書いてみましょう。

 
TOEIC リニューアル 2016

 
・リスニングセクションが大きく変更。パート3・4がイラスト付きに。

 
パート1が6問、パート2が25問に減少しました。その代わりに、会話問題のパート3が計13問となりました。さらにパート3・4はイラストが添付される場合があるようです。さらに、パート3では3人での会話文も含まれるようです。

 
実際の仕事や日常では、資料を元に打ち合わせをしたり、会話が3人以上であることは日常茶飯事です。これをTOEICではオーセンティック(TOEICでは「実際的」と訳しています。Authenticは「本物の」という意味がもともと。)な出題形式として出題するそうです。

 
私はこれには賛成です。英語の大きな目的の1つは相手の意図を正確に読みとって聞き取ること、つまりリーディングとリスニングの力というのはとても大切なものです。そのため、会話の内容をきちんと抑えるというのが大切ですからね。ちなみに、リーディング力は問題文を正確に読み取るという意味で重要です。リスニングではしばしば、会話のキーワードが問題文ではパラフレーズ(言い換え)として登場するためです。

 
・リーディングは長文問題が増加。文法問題は減少傾向?

 
文法・単語問題のパート5は40問でしたが、30問と10問も減少します。そのかわりにパート6が1題、長文問題が2題ほど増えます。

 
単語と文法のウエイトを1割減らして、文章の読解にウェイトが大きくなりそうですね。長文問題ではダブルパッセージが計5題となり、結構な英文量となることが予想されます。ダブルパッセージは最後まで読みきらないと全問解けないので時間配分がよりシビアになることが予想されます。

 
私は今までパート5-6は20分で解くようにしていました。シングルパッセージは30分。ダブルパッセージは25分の時間配分で取り組んでいましたが、新バージョンではこれでは遅すぎます。そこでパート5-6は15分。シングルパッセージは30分。ダブルパッセージは30分で解くのが現実的かなと。パート5-6は即答するくらいの時間配分で1問30秒未満です。そのため、よりパート5が重要になった気がします。

 
ダブルパッセージはしっかりと読めればそれほど難易度は高くないのですが、1題追加されることで分量が増えますので読む速さがより重要になりそうですね。また、よりモダンな問題形式となるよう、チャットやテキストメッセージ形式での問題も出題されるそうです。実際に受験してみないとわからないことが多いのですが、リーディングはより戦略的になりそうですね。

 
・難易度は今までどおり、今までのテキストはほとんど引き継げる。

 
テストの難易度はほぼ同等のようです。そのため、新形式のイラスト付きのリスニング問題収録のリスニングテキストを追加すれば今までのテキストはそのまま使えそうですね。また、配点もリスニング495点、リーディング495点の990点満点は変更ありませんので、スコアもそれほど変動しないと考えられます。

 
あとがき

 
TOEICのリニューアルはこれで2回目ですね。私は1回目のリニューアルが完了した現在の形式で20回くらい受験してきましたが、新しい形式のテストということで不安半分、楽しみ半分という感じですね。1番問題なのが、今まで私のブログで書いたTOEICの戦術をもう一度書き直す必要があるということですね。。実際に受験しましたらまた新たに記事にする予定です。

よろしければシェアお願いします!