【音楽再生】iPod nanoとiPhoneを組み合わせて使うスタイル

私は現在iPod nano第7世代とiPhone 6 Plusをモバイルのミュージックプレイヤーとして使い分けています。どちらも音楽を再生する上で私にとっては無くてはならない存在となっており、特にiPod nanoは通勤途中や出かけるときの再生デバイスとして重宝しています。今回は私のiPod nanoとiPhoneを組み合わせたスタイルをご紹介します。

 
iPhoneとiPod nanoの使い分け-1

 

紹介する機器

・iPod nano 第7世代
・iPhone 6 Plus(128GB)

 

・iPod nanoの本当の凄さはそのコンパクトさ

 
iPod nanoの最大の特徴はそのコンパクトさ名刺やポイントカードより小さく、ジーンズのウォッチポケットにも入るほどの小ささがすごく便利なんです。これの恩恵はポケットに色々と収納したくなる癖の持ち主ならわかると思いますが、どのポケットにもストレス無く収納できることが最大のメリットであることは間違いありません。これにより移動中のリスニングにピカイチだと私は思っています。参考にiPhoneの5W充電器と並べてみましたが、iPod nanoの小ささと薄さがお分かりいただけると思います。

 
iPhoneとiPod nanoの使い分け-2

 
・最近のiPhoneはデカい。ポケットに入らない。。

 
私は5.5インチのスマートフォンであるiPhone 6 Plusを使用していますが、ジーンズの前ポケットに収納するのは無理です。かと言って、バックポケットはジーンズの場合インディゴの色移りや、座ったときに壊れそうで躊躇してしまいます。結局スーツの内ポケットや、iPhoneを収納するためのカバンなり、ポーチなりを準備しないと持ち運べないわけです。まあわかっていたことでありますが。。

 
・iPod nanoは最大16GB。とてもじゃないけど容量が足りないです。

 
私のライブラリはほとんどApple Losslessでファイルの容量がそれなりに大きく、iPodに転送するときにAACにコンバートして転送するということもしていません。

CDの音楽をiTunesで取り込むときApple Lossless形式を選択するメリット

2015.05.08

iTunesの拡張子AAC, AIFF, Apple Lossless, MP3, WAVの違いとおすすめの設定

2017.09.08
 
そんなわけで調子に乗ってiPodに同期しまくるとあっという間に容量がなくなり、プレイリストを同期するとストレージが埋まってしまいます。そこで補うのが大容量(64GB以上)のiPhoneというわけです。

 
・大容量のiPhone 6 Plusはじっくりと音楽を聞きたいときに活かせる

 
移動途中のリスニングはiPod nanoに任せ、椅子に座ってじっくりと作業するときなんかはiPhone 6 Plusの出番です。音楽を出先で聞きたいときに、「あの曲が無い!」となるのが嫌なので、私のiPhoneには好きなライブラリをありったけ詰め込んでいますiTunes Matchを購読するのもいいですが、私はなるべくローカルに置きたい人なので。。また、クラシックやジャズはヘッドフォンと組み合わせて聞きたいので、ヘッドフォンと組み合わせるときはiPhoneで聞いています。(インピーダンスの高いヘッドフォンとの組み合わせで出力を出すためにはアンプが必要ですが、ここでは割愛。)

 
iPhoneとiPod nanoの使い分け-3

 
まとめとあとがき

 
動のiPod nanoと静のiPhoneが私の使い分け。

 
iPhone 4s/5sを使用していた時はまだコンパクトで、移動中もiPhoneで音楽を聞くことが多かったですが、iPhone 6 Plusに変更してからその大きさから手軽さがなくなってしまいました。それでも音楽を移動中、特に通勤途中に音楽を聞きたい私にとってiPod nanoは重宝しています。容量が足りないときはiPod nanoからiPhoneにスイッチすると使い分けることができ、iPodとiPhoneを組み合わせて音楽を聞くのが今のところ私のスタイルとなっていますね。余談だけど、Apple Watchがもう少し容量があればApple Watchも候補には上がるのですが。。

よろしければシェアお願いします!

2 件のコメント

  • こんにちは。漢字で書くと「楊夫人」のマダムヤンです(笑)。

    現行のiPod nano、ほんとにコンパクトで便利ですよね。
    私もお出掛けの時は必ず持って行きます。

    16GBの容量ですが、あくまでもiPod classicのサブプレーヤーと考えてますし、あまり大容量過ぎると選曲が大変ですので、私にはちょうど良い容量だと思います。
    おっしゃる通り、使い分けがベストですね。
    でも、iPhone、iPod nano、iPod classicの3台持ちは重いので、早く256GBクラスのiPhoneが発売されればいいのにと思います。
    さらにiPad Air 2も合わせたら4台持ちですけど(笑)。

    ただ、iPod nanoがここまで小型軽量になったおかげで、iPod shuffleの出番がなくなってしまいました。
    よく考えたら、iPod shuffleでないとダメというシチュエーションはほとんどないんですよね。イヤホンコードも長いのでウォーキングやランニングでも十分nanoでいけますし。

    Maxyさんならどーしますか??

    • To マダムヤンさん

      >16GBの容量ですが、あくまでもiPod classicのサブプレーヤーと考えてますし、あまり大容量過ぎると選曲が大変ですので、私にはちょうど良い容量だと思います。
      おっしゃる通り、使い分けがベストですね。

      iPhone 256GBは登場するかもくらいなので、私は断言できませんがiPad Proで256GBが選択できることを鑑みますと可能性は十分にありえます。
      私は128GBの6s PlusとiPod nano 16GBを今でも使い分けています。
      ただ、iPod nanoのバッテリーがもうピンチですが(笑)。

      >ただ、iPod nanoがここまで小型軽量になったおかげで、iPod shuffleの出番がなくなってしまいました。
      よく考えたら、iPod shuffleでないとダメというシチュエーションはほとんどないんですよね。イヤホンコードも長いのでウォーキングやランニングでも十分nanoでいけますし。

      Maxyさんならどーしますか??

      shuffleはストレージが少なすぎて使ったことはないのですが、ランニングやウォーキングでしたら、nanoがベターかなとは思います。
      加速度センサーもついてますから、運動量のデータもなかなか精度がいいですからね。