MarsEditの初期設定と、HTMLタグのショートカット追加方法

WordPress

私はブログの更新にMarsEditを使用しています。MarsEditはWordPressブログの下書きやアップロードに使えるエディターとして有名で少々高いですが、使いやすくHTMLタグの挿入が楽なのでブログをアップロードするときに使っています。

ブログ作成で使用するアプリと用途

私がブログを書くときは、Evernoteでドラフト作成、MarsEditで編集・アップロード・“てにをは”の確認、そしてSafariで最終チェック後に公開しています。まとめたのが下記の図です。
 
ブログ作成フロー
 
ステップが多いですが、推敲して誤字脱字を減らすためと、無駄な文章を削り文章を自然なものにするため自分で何度か見直すという意味があります。
 

MarsEditの初期設定

 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法
 
MarsEditを起動したら、メニューバーのFile>New Blogをクリックします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 2
 
自分のブログタイトルと、ドメインを入力します。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 3
 
右クリックを押して、“Edit Settings”をクリックします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 4
 
API Endpoint URLはブログのURLの末尾に/xmlrpc.phpを追加してOKをクリックします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 5
 
メニューにある“Refresh”をクリックします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 6
 
WordPressのユーザーネームとパスワードを入力します。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 7
 
ブログの記事が読み込まれます。これで初期設定は完了です。作成したエントリーをWordPressにアップロードできる状態になりました。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 8
 
ブログを作成するときはFile>New Post (Command+N)で、記事を新規作成して文章や画像を挿入して、WordPressにアップロードします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 9
 
MarsEditではHTMLタグの挿入がショートカットで楽に行えるのでこの設定も書きます。記事を開いてメニューバーのFormat>Customizeをクリックし、左下のをクリックします。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 10
 
Nameは任意の名前、Shortcutは任意のショートカットに設定し、Opening MarkupとClosing Markupを設定します。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 11
 
ショートカットが追加されました。この例では文章を選択した状態で“Control+1”と入力するとh1のタグで囲むことができます。
 
これを繰り返し下記画像のように自分がブログで使用するHTMLタグ等を追加し、自分好みにカスタムしていきましょう。
 
MarsEditの初期設定と HTMLタグのショートカット追加方法 12
 
あとがき

まきし
まきし

MarsEditはMacのブログ作成ツールとしてとても便利で、文字の装飾やプレビュー機能により効率よくブログを書けるようになりました。
記事のバックアップとしても利用できるのであると便利なツールですよ。