通信プラン

SoftBankの新サービス名が「LINEMO」に決定。料金は2480円から。若者に刺さりそうなプランで良き。

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。2021/02/18にSoftBankから行われたイベントで、新サービスの名称が「LINEMO」に決定しました。サービス開始は3月17日からとなります。

報道資料:
https://www.softbank.jp/corp/set/data/news/press/sbkk/2021/20210218_04/pdf/20210218_04.pdf

 
今回の記事ではLINEMOの特徴とメリットを書いていきましょう。

 

LINEMOの特徴とメリット

LINEMOの特徴とメリットは下記のようになります。

・auのpovoと同じく20GBのデータ通信量を月額2480円から利用できる。
→これでauと横並びとなり、楽天を除いてMNOとしては最安値で利用可能に。

・5分間通話無料は500円追加の「オプション」扱いに。月額1500円のオプションで、電話し放題になる。
→電話が必要なユーザーはオプションという形で、500円を追加すれば月額2980円で利用可能。1500円のオプションを追加すれば2480+1500=3980円で通話し放題かつ20GBのデータ通信が可能になります。3980円で通話し放題はかなり需要がありそうなプランです。

・eKYCおよびeSIMへの対応で即日利用可能。

・LINEクリエーターズスタンプが使い放題
→LINEのサブスクである、「LINEクリエーターズスタンプ」(月額240円)が使い放題に。有料スタンプを使いたいユーザーはスタンプも実質使い放題となります。

 
LINEMOは若者にとってはすごく刺さりそうな内容です。LINEに関するデータ通信がカウントフリーで有償スタンプも使い放題。しかも月額2480円で20GBも使えるからYouTubeをたくさん見ても安心。

 
しかも即日開通です。SoftBankはかなり練ってきましたね。。LINEを重視するユーザーなら「LINEMO」はかなり魅力的になりそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-通信プラン
-,