WordPressサイトのバックアップ方法

WordPressサイトでは、手軽に記事やサイトをまるごとバックアップできます。できれば定期的にバックアップしておきましょう。ウェブサイトにトラブルがあったときや、サーバーを引っ越すときにも有効です。

 

FTPファイル交換ソフトでコンテンツのダウンロード

WordPressバックアップ 1

 
FTPソフトを使ってサーバーよりファイルをダウンロードします。macの場合Cyberduckなども有効です。私はYummy FTPを使っています。FTPの設定はサーバーを契約したときに管理会社よりメールで送られてきます。なくした場合は、管理会社に連絡しましょう。

 
WordPressサイトの場合、ダウンロードが必須なのは以下の3つのフォルダです。

 
ドメイン>public_html>wp-contentの階層にある

●plugins

●themes

●uploads

以上のフォルダをドラッグアンドドロップでまるごとサーバーからローカルに保存します。

 

WordPressバックアップ 2

 

サーバーパネルからSQLファイルの作成

 
サーバーパネルからphpmyadminにアクセスします。

 

WordPressバックアップ 3

 
以下の設定でダウンロードを実行し、zip形式でSQLファイルをダウンロードします。

 
WordPressバックアップ 4

※画面はサーバーによって異なります。私はエックスサーバーを契約しています。

 

XMLファイルの取得

ブラウザでWordPressサイトにログインして、プラグインのWordPressインポートツールをダウンロードします。

 
WordPressバックアップ 5

 
ツール>エクスポートをクリックします。

 
WordPressバックアップ 6

 
すべてのコンテンツをエクスポートすると、WordPressにある全てのデータがXMLファイルとしてダウンロードできます。

 
WordPressバックアップ 7

 
投稿や固定ページは、個別にバックアップもとれます。私の場合メディアはFTPでバックアップしているので、XMLでは「投稿」、「固定ページ」、「コンタクトフォーム」を選択してエクスポートしています。また、投稿では、任意の「カテゴリー」や「期間」も選択できます。

 
WordPressバックアップ 8

 


Evernoteで下書きを作成・バックアップ

Evernoteに記事を下書きすることで、1つのアプリでテキストだけでなく、画像やPs、Aiなどのファイルもひとつのノートに一括管理できます。物理的なバックアップですがとても有効です。

 
あとがき

まきし
サーバーからファイルとXMLファイル(SQLファイル)を最低限ローカルに保存してあれば復元はとても楽なのがWordPressのいいところです。定期的にバックアップはとっておきましょう。