iOS 11でiPhoneをWi-Fiルーターとして使う方法(テザリング)

以前似たような記事を書いたのですが、iOS 11からiPhoneのテザリングがとても楽になりましたので、改めて記事にします。

 
-環境

Wi-Fiルーター側: iPhone 6s Plus (iOS 11.0.2)
Wi-Fi受信側: MacBook Pro 15-inch Late 2013 (macOS 10.13)

 
画面の下から上の方向にスワイプして、iPhoneのコントロールセンターを開きます。ここで図のネットワーク関連のアイコン群 (①)を長押しします。メニューが表示されるので、Wi-FiとBluetoothをONにしたあと、右下「②パーソナルホットスポット」をタップします。

 
IOS 11でiPhoneをWi Fiルーター テザリング として使う方法 1

 
近くにWi-Fiルーターとして利用できる状態になると、このマークが緑色になります。これでiPhone側の設定は終了です。※緑色にならない場合は、iPhoneのWi-FiとBluetoothがONになっているか確認し、設定アプリからパーソナルホットスポットのON/OFFを切り替えてみてください。

 
IOS 11でiPhoneをWi Fiルーター テザリング として使う方法 2

 
続いて、Mac側のステータスバーのWi-Fiマークをクリックすると、「◯◯のiPhone」というネットワーク名(任意で変更可能です。)があるので、これをクリックします。接続に成功すると、Wi-Fiのアンテナマークがチェーンの記号に変わります。

 
IOS 11でiPhoneをWi Fiルーター テザリング として使う方法 3

 
Wi-Fiのパスワードを求められたときには、設定アプリを開いてから、「パーソナルホットスポット」をタップすると、Wi-Fiのパスワードが表示されます。このパスワードをMacで入力すると、ネットワークに接続できるはずです。

 
IOS 11でiPhoneをWi Fiルーター テザリング として使う方法 4

 
あとがき

Maxy

iOS 11にアップデートして、テザリングがすぐに使えるようになったことはプラスといえます。実際、外出先でMacを使うときにわざわざ設定アプリを開かなくて済むようになって、手軽になりましたね。ノマドで使用する方はぜひ覚えたい小技です。

よろしければシェアお願いします!