【活用法】iPadがiPhoneより優れている3つのポイント

私はiPhone 6s PlusとiPad Air 2を現在使用しており、もちろんどちらも毎日使っています。どちらが好きかと聞かれたら、かなり迷いながらもiPadを挙げてしまいます。なぜかといえば単純に画面が大きい方があらゆる面で有利だからです。今回はiPadがiPhoneに無い魅力を3つ書いてみましょう。

 

iPad-魅力-2
 

 

1.iPadのメリットはその広い表示領域で情報を表示できること。

 
初めに大切なことは絶対的な表示解像度の問題。iPhone 6s PlusとiPad Air 2の表示領域は以下となります。

 
iPhone 6s Plus(5.5インチ): 414×736=304704px 0.3Mpx

iPad Air 2(9.7インチ):768×1024=786432px 0.79Mpx

 
iPadはランドスケープモード、iPhoneは縦モードで使用しており、縦の解像度はiPadが768に対してiPhoneは736とほぼ等倍です。ところが横はiPad1024に対してiPhoneは414と約2.5倍となっています。図にしてみるとこんな感じです。ご覧のとおり解像度の差は2.58倍となっており、表示できる情報量にかなり差があります。

 
iPad Air 2とiPhone 6s Plux解像度比較

 
iPadは1024×768という情報量があり、これは昔私が使用していたノートパソコンと同じ解像度です。iPhoneでは画面の小ささ故、Excel等のスプレッドシートでは断片的にしか情報を拾えませんが、iPadの画面は気持よく広く全体を俯瞰することができます。これがEvernoteやPixelmator、Numbersの使いやすさを向上させています。

 
2.用途を絞って作業に非常に集中できるということ。

 
私のiPadには余計なアプリケーションを導入していません。KindleとEvernote、Numbers等のメインのツールとして活用しています。正直細かい作業やメール等のコミニケーションはiPhoneに任せてしまえばいいので、iPadは非常にシンプルな用途としてのみ使ってあげています。すると、用途に迷うことがないので1つの作業に集中して取り組むことができます。これがiPhoneと大きく異るところだと思います。

 
また、私はAmazonが提供している電子書籍サービス、Kindleにて本を購入して持ち歩いています。iPadの読書は横のサイズが一般書の単行本サイズと同等のため、違和感なく本が読めることが大きなメリットです。昔はカバンに読みたい本を3-4冊カバンにつっこんでいましたが、今は100冊以上の本をiPad1台でまかなえます。これが読書好きのユーザーには本当に嬉しいのではないでしょうか。(写真はKoi先生のご注文はうさぎですか?vol.4)

 
iPadの魅力-1

 
3.iPhoneの様にも活用できる。

 
iPadのメリットはパソコンがわりにも、iPhoneの代わりになるとういうこと。パソコン代わりとは、前述の解像度の話に戻りますが、約10インチのこのサイズはタイピングがとても心地よいのです。

 
ミニキーボードと同じくらいのサイズなので、両手でのタイピングがとてもしやすい。特にiOS9にアップグレードしてタイピングがもっと楽になりました。

 
iPhoneの代わりとは、iPhoneと共通のアプリを導入することでiPhoneでやっていたことをそのままiPadでできるということ。例えばiPhoneと共通の英和辞典アプリを導入することで、英単語の検索やブックマークもiCloudを通してできるし、電車の時刻調べやカメラ機能、音楽再生ももちろんできます。要するにMacとiPhoneの中間みたいでつぶしが利きます。以前iPhoneを家に忘れてiPadだけを持って出かけたことがありましたが、意外と困らずに過ごせました。

 
あとがき

 
休日外出するときにはiPadとiPhoneどちらも持って行きますが、カフェや図書館でじっくり作業するときにはiPadに手が伸びてしまいます。画面が広いことと、iPhoneとも互換性の高いiPadは使いやすいので私にとってなくてはならないツールとなっています。iPad Proも発売されますが、これからiPadがどう進化するか楽しみです。iPad Air 2はハード的にはもう十二分なパフォーマンスですからね。

よろしければシェアお願いします!