iPad Pro 2020のスピーカーの音が思ったより良かったので、その良さを伝えたい。

iPad

iPad Pro 2020を買ってからの毎日使っております。iPad Proはハイエンドということもあり、スピーカーが4つ (4.0ch)もついています。

 
iPad Airがステレオ(2.0 ch)なのを考えると明らかに差別化されています。今回はiPad Pro 2020のスピーカーについて語っていきたいと思います。

 

バランス良く配置されたこだわりのスピーカー

iPad Proのスピーカーは上面と底面にそれぞれ2箇所ずつ合計4 chもスピーカーが配置されています。

 
縦画面でも横画面でも非常にバランス良く音が聞こえるのがiPad Proのメリットなんです。

引用:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/specs/

 
実物のスピーカーはタブレットとしては大型のものが配置されています。スピーカーの穴もエレガントに加工されています。

 

 

映像作品の鑑賞に最適!音楽鑑賞もアニソンからクラシックまで心地よい

私はAmazon Primeで映画やアニメを見るのですが、iPad Proで見るとセリフがかなり聞きやすく、音に立体感があって映像を見るのが楽しくなりますね。

 
僕がたまにAmazon Primeで見る癒やしのアニメゆるキャン△はたまにiPad Proで見ております。BGMや声優の声が聞きやすくて良いですね。のんびりアニメを高画質かつ高音質で見るにはiPad Proはおすすめですね。

 
また、最近僕が激ハマりしている水瀬いのりのInnocent Flowerも聞いてみましたが、ボーカルの高音をきれいに鳴らしてくれて心地良いですね。

 
他にもクラシックの相性もいいです。特に協奏曲のように、情報量の多い曲だとピアノやストリングスなどいろんな音を破綻なく美しく表現できる懐があります。

※曲はブーニンのショパン ピアノ協奏曲第1番です。

 

音質はMacBookよりずっと良いですね

MacBook Early 2016よりも確実にiPad Proの方が音が良いです。音圧レベルもタブレットとしてはかなり大きいので、Skypeなどでのオンライン会議でもかなり活躍できます。

 
音圧レベルは、ハードキーとソフトキーの両方ですぐに調整できる操作性の良さもiPadならではの魅力ですね。iPad Proで楽しむ音楽ライフ、おすすめですよ〜。