iPhone 6s/6s Plusでムービーの解像度を変更する方法

iPhone 6s Plusのカメラのムービーは実に4種類もの解像度が選択できます。iPhone 6s/6s Plus共通です。

 
iPhone 6s Plusでは以下の動画解像度を選択できます。

 
・720p 30フレーム

・1080p 30フレーム

・1080p 60フレーム

・4K(3640×2160) 30フレーム

 
デフォルトでは1080p 30フレームが選択されていますが、任意に動画解像度を設定してあげることができます。変更すると、例えばムービーの画面の右上に4Kという文字が出現します。今回は動画解像度のイメージも含めてiPhone 6s Plusのムービーの設定について書いてみます。

 
iPhone 6s plus-ムービー-解像度

 

・動画解像度の変更方法

 
設定アプリから「写真とカメラ」>「ビデオ撮影」と進みます。すると4種類の解像度が選べます。私は4Kか1080p 60フレームで撮影することが多いですね。

 
iPhone 6s plus-ムービー-解像度-2

 
・動画解像度とは何か

 
簡単にいえば、ムービーの撮影サイズの違いです。720pと1080p、4Kを視覚的に表現するとこうなります。

 
4Kのイメージ

 
ご覧のとおり、撮影するサイズは720p<1080p<4Kの順で大きいです。このサイズが大きいほど原則的に画質が向上し、ビットレートが同じだと仮定すれば720p<1080p<4Kの順で映像が綺麗になります。もちろんムービーの容量も720p<1080p<4Kの順になるのでご注意。参考に4Kムービーは7分間で2.7GBとかなりのサイズです。

 
ちなみにフレーム数は1080pのみ30フレームと60フレームを選択できます。このフレーム数は1秒間の画像のコマ数となり、30フレームは1秒間に30コマ、60フレームは1秒間に60コマとなります。フレーム数が大きいほど映像がなめらかになり、30フレームと60フレームでは映像の滑らかさが全く異なるので、私は60フレームを推奨しています。

 
あとがき

 
6s/6s Plusは4Kムービーを撮影できるので、4Kディスプレイや4Kテレビをお持ちの方はその真価を発揮できるはずです。ただ、私も含め4Kの環境はまだまだ整っていなてのが実情なので、1080p 60フレームで撮影するのがベターとも言えますね。私は静止している被写体なら4K、動きのあるムービーなら1080p 60フレームという形で現段階では4Kと1080p 60フレームを使い分けています。

よろしければシェアお願いします!