iPhoneをモバイルWi-Fiルーターとして使う方法

今回はiPhoneをモバイルルーターとして使う方法を書きます。iPhoneはiPhone 5以降からLTEに対応しており、契約内容によっては“テザリング”をオプションとして使用することができます。テザリングとは、LTE等の携帯電話のネットワークをiPhoneが受信して無線LANのネットワーク(Wi-Fi)に変換する機能です。iPhoneをLTEの定額プランで契約すると基本的に2年間無料で使用できるはずです。要するにiPhoneはモバイルルーターとしての機能も持っているということになります。

 
iPhoneをモバイルルーターとして使うメリットは以下になります。

 
・出先でパソコンを使いたいときに携帯の電波がつながればパソコンでどこでもネットができる。

・わざわざモバイルルーターとiPhoneとは別々に持ち歩く必要がない。

・速度はLTEなので速いです。

 
デメリットは以下になります。

 
・iPhoneのバッテリーに負担がかかる。

・使いすぎるとパケット制限に引っかかる。

 
家の固定回線のように使いまくるとLTEは速度が早いためあっという間に7GBの制限にひっかかります。そのため、外出先等で軽く使う用途に向いています。テザリングをやるときは、Dropbox等のクラウドサービスなどバックグラウンドで通信するものは無効にしておくと良いです。

 
iPhoneでテザリングが成功するとiPhoneのステータスバーが青くなり、接続している機器の台数が表示されるはずです。今回はiPhone 6 PlusからWi-Fiを飛ばし、iPad Air 2で受信するまでを書きたいと思います。なお、Wi-Fiの他にもBluetoothやUSB接続でもネットワークに接続できますが、今回は割愛し、Wi-Fiで繋ぐ方法のみ記述します。

 
iPhone-モバイルルーター-8

 
使用機器

Wi-Fi送信側:iPhone 6 Plus(iOS 8.1.2)
Wi-Fi受信側:iPad Air 2 with Cellular (iOS 8.1.2)

 

まず設定アプリを起動し、“Personal Hotspot”をタップします。私のiPhoneは英語になっているので日本語で使用されている方はそれに相当する部分をタップします。

 
iPhone-モバイルルーター-1

 
“Personal Hotspot”をONにします。ブログに載せるため画像を加工で消していますが、この画面にあるWi-FiパスワードはWi-Fiを接続するのにのちのち必要となります。Wi-Fiのネットワーク名はiPhoneの名前になります。

 
iPhone-モバイルルーター-2

 
ポップアップが出現するので、Wi-FiとBluetoothをONにするをタップします。

 
iPhone-モバイルルーター-3

 
ここからはiPadの画面です。iPadの設定アプリを起動しWi-FiをタップしてONにします。

 
iPhone-モバイルルーター-4

 
Wi-Fiのネットワーク名を選択します。テザリングのネットワーク名は前述しましたが、iPhoneで設定した名前です。これをタップします。日本語だと「◯◯のiPhone」、英語だと“◯◯’s iPhone”(〇〇は名前)のネットワーク名のはずです。テザリングのネットワークはチェーンマークがあるのも特徴的です。

 
iPhone-モバイルルーター-5

 
パスワードを入力します。これは前述したiPhoneの画面に表示してありますのでこれを入力します。

 
iPhone-モバイルルーター-6

 
iPadにWi-Fiマークが表示され、ページが表示されればテザリング成功です。お疲れ様でした。

 
iPhone-モバイルルーター-7

 
あとがき

 
iPhoneでテザリングを使用しているのはiPhoneユーザーでもごく一部かもしれませんが、この方法は覚えておくと結構便利です。大抵のPCはWi-Fiに対応しているので、出先でどこでネットワークを利用できますね。私はiPadを買う前はMacBook Airを持ち歩いてiPhoneのテザリングでノマドをやっていた時期もありました。テザリングはくれぐもパケット制限は気をつけましょう

よろしければシェアお願いします!